「スマホ依存」でおかしくなった頭を元に戻す最強ストレッチ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン作業やスマホに没頭していると、前傾姿勢になって頭が前に出やすくなりますよね。

体の中でも重たい部分である頭の位置がずれて、姿勢が悪くなっていませんか? 頭の位置が前にあると肩こりの原因となり、上半身が前のめりになると全身がゆがんでいきます。

『美レンジャー』の記事「ズボラな人でも“たった8分で痩せられる”お手軽ダイエット」でご紹介した、広尾の美容矯正サロン『ビューティバランス』の森オサム院長によると、長年重力を受け続けると、前頭骨がずり下がってきて、目が奥まったり、クマ、頬骨が出る、たるみ、口角がさがるといった変化が出てくるのだそうです。 

前頭骨とは、おでこを含む頭のフタのような部分です。このずれは実際には1ミリにも満たないものですが、血行やリンパが停滞してむくみの原因に! 

そこで森院長の著書『骨スイッチダイエット』から、頭部のずれを元に戻すストレッチをご紹介したいと思います。簡単で、顔のゆがみにも効果的ですから試してみてくださいね。

 

■頭戻し 

【見た目効果】美姿勢、首ゆがみ改善、首シワ解消 

(1) 右手を右側頭部に当てて、手と頭で押し合います。首や肩甲骨のまわりの筋肉に力が入っていることを感じて10秒くらい押します。 

(2)同じ要領で左手で左側頭部を押し合います。 

(3)次は両手をおでこに当てて押し合います。頭は前に向かって力をかけます。 

(4)最後に両手を組んで後頭部にあて手と頭で押し合います。

 体が尋常ではない力を感じ、本来の正しい位置に戻そうとする自然治癒力が働くのだそうです。 

 

■顔なでストレッチ 

【見た目効果】目力アップ、クマ解消、ほうれい線解消 

(1)【おでこ】手のひらの下側をおでこに当てて、痛気持ち良い強さでぐぐっと引っ張り上げます。ゆっくり3回繰り返します。 

(2)【こめかみ】同じようにこめかみに手のひらの下側を当てて、斜め上に引っ張り上げます。肌が敏感な人はクリームなどをつけてから行ってください。 

(3)【頬骨】手のひらのくぼみに頬骨をフィットさせます。ぐっと力を込めて頬骨を押し込み、押し込んだまま、手を斜めに動かします。 

(4) 【頬】頬骨の下に手のひらのくぼみをフィットさせます。そこから斜め上に向かって、頬の肉を移動させるつもりで手を動かします。 

(5)【あご】手のひらの下側をあご先に当てて、フェイスラインに沿ってぐぐっと引き上げます。

 

試してみるとすぐに頭部がすっきりしてきますよね。続けると骨格が変わったように感じられますよ。

頭の骨のゆがみがシミやしわなどの肌老化にもつながるので、ゆがみが小さいうちに補正するようにすると、いつまでもキレイでいられますね。

 

【ストレッチシリーズ】

腰痛が劇的に治る!カリスマ治療師が伝授するテク5つ【前編】

腰痛が劇的に治る!カリスマ治療師が伝授するテク5つ【後編】

※ たった5分でOK!簡単すぎる「脚のむくみケア」ストレッチ

※ 超簡単!会社や学校でもできる「座ったまま」ストレッチ

 

【取材協力】 

※ 森オサム・・・広尾の美容矯正サロン『ビューティバランス』院長。美容矯正の先駆者であり、その技術の高さに有名モデルや女優が通う。顧客のリピート率は90%超え、3ヵ月先まで予約がとりにくい超人気サロン。

【参考】

※ 森オサム(2012)『骨スイッチダイエット』(三空出版)