危険だから今すぐやめて!知らずに肌を痛めるNG美容4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容雑誌だけでなく、ファッション誌や女性週刊誌にまでも、最新の美容情報が載っていますよね。次から次へと、とめどなく発信される美容法に「何が正しくて何が間違っているの?」と翻弄されてしまいがち……。

そこで今回は、“よく耳にする美容法”から、やってはいけないNG美容法をご紹介します。

 

■1:化粧水を手でパタパタ叩く

ドラマやCMでもよくある、女優さんのスキンケアシーン。当たり前のように、パタパタと音を立てて叩き込んでいまよね。実際に「血色がよくなるまで叩き込む」「年の数だけ叩く」など、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

実はこれ、間違ってもやってはいけない行為なのです! 特に目の周囲は、肌の中で一番皮膚が薄く、デリケートな部分。繰り返し叩き込むことで、振動が眼球に伝わり、網膜剥離の原因になることもあるのです。

化粧水をつけるときには、手の平またはコットンで優しく、肌に入れ込むようにしてつけましょうね。

 

■2:オイルクレンジングでマッサージするようにメイクを落とす

適度なフェイスマッサージは疲労を取り、血色をアップさせるなど効果的ですが、オイルクレンジングでマッサージとなると話は別です。

クレンジングは、あくまでも“汚れを取り去ること”を目的にしたものです。肌に少なからず、負担をかけるものも多いのも事実。そのクレンジングでマッサージするということは、自ら肌を痛めつけるのと同じことなのです。

オイルクレンジングを使用する場合は、さっと汚れを落として、すぐにすすぐようにしましょう。

 

■3:洗顔フォームの泡でパック

CMや広告の影響で“泡が汚れを吸着する”というイメージがあります。ですが、洗顔フォームを泡立てた泡でパックをすると、角質層の細胞と細胞間をセメントのようにくっつける役割の、細胞間脂質まで溶かし込んでしまう恐れがあるのです。

泡立てネットも重要なポイントです。同じ量の洗顔フォームを手とネットで泡立てた場合、手で泡立てた泡の方が体積が少なくなるため、密度が濃くなります。そのため、手で泡立てた泡を長時間肌にのせておくと、密度の濃い泡を長時間肌にのせておくことになり、結果肌を痛めてしまうことになるのです。

洗顔は泡立てネットを使い、パックはシートやパック専用の化粧品で行うようにしてくださいね。

 

■4:スキンケアを絶つ、肌断食

一時期、話題を呼んだ“肌断食”ですが、実際に試したことがある方もいるのではないでしょうか?

これはお肌の不調がコスメの乱用や、過剰なお手入れなど間違ったスキンケアだった場合には有効ですが、日頃のお手入れで肌が好調に保たれている場合は、肌断食で逆に悪くなってしまうことがあります。特に乾燥しがちなこの時期は、水をあげないお花と同じです。乾燥からくる“小ジワ”を促進することにもなりかねません。

スキンケアも絶つより、与えることを重視しましょう。

 

いかがでしたか? 私たち女性にとって大切なお肌。大切に慈しみ、育てていきましょうね。

 

【NG行動シリーズ】

※ 残念なくらい「老け顔」になっちゃうNG行動5パターン

※ 今すぐやめて!美容師に嫌われるヘアサロンでのNG行動4つ

※ 写真美人になるために「絶対やっちゃいけないNG行動」7つ

※ 男性に嫌われる原因!モテない女性にありがちなNG行動4つ

※ 日常生活でやりがちだけど「実は身体に悪いNG行動」まとめ