知らないと危険!ストレスを倍増させちゃうNG食べ方3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や子育て、生活の変化など、私たち女性はとくにストレスで悩みがちですよね。ストレスは健康にとっても美容にとってもよくありません。ストレスを溜めないように、みなさん工夫をされているかと思います。

しかし、食事の仕方次第で、ストレスを倍増させてしまうという事実はご存知でしょうか。今回は、ストレスを倍増させるNGな食べ方について、管理栄養士の望月理恵子さんに伺いました。

 

■1:ながら食い

「何か考えながら食べていると、食べている量を把握出来ず、知らぬ間に沢山たべてしまったという後悔につながることがあります。ストレスを忘れる為に、食べることに集中した方が良いですね」と望月さん。

あれこれ考えすぎず、食事に集中してじっくり味わうことこそ、ストレス解消につながりそうです。

 

■2:無理に低カロリーおやつを食べる

「甘いものを控えるために、低カロリーおやつ(こんにゃく系、寒天系)を食べるも物足りなくて、かえってストレスを溜めてしまうこともあります。

結局、通常の甘いお菓子を食べ足してしまい、トータルで高カロリーになってしまうのです。最初から満足するものを適量食べた方が、効率的なこともあります」

ストレスを感じると、食に走ってしまう方も多いですよね。低カロリーだからと安心して食べていると、おそろしいことに。自分へのご褒美として、最初から満足するものを少し食べる方がよさそうです。 

 

■3:ひとりでのやけ食い

“コ食”には3種類あるのをご存知でしたか?

「一人ぼっちで食べる“孤食”、同じ物だけ食べる“固食”、一人だけ違う物を食べる“個食”は、好きな物を食べるひとが出来て発散はできるようですが、結果食べ過ぎてしまったり、孤独を感じた時に余計ストレスになる可能性があります。

誰かに愚痴を聞いてもらいながら、“もう食べ過ぎだよ”と声をかけてもらえるように、食べる量も見てもらうと良いかもしれませんね」

ストレスを感じるときこそ、誰かと食事をするようにしたいですね。

 

望月さんによると、「ストレスを抱えているときの食事で陥りがちなのが、ストレス発散のために食べたのち、食べ過ぎたことに更にストレスを溜めてしまうこと」だそうです。

また、「例えばプリンなら、フルーツ等がのったプレミアムプリンやサイズが大きいビッグプリンにしたり、おもてなしの良いレストランに行ったりと、いつもよりちょっと贅沢にして食事を楽しむこと。これが後悔しないストレス食いの近道のひとつかと思います」とアドバイスをいただきました。

みなさんもぜひ、ストレスを倍増させないように、ストレスを感じているときこそ食事の仕方に気を付けてみてくださいね。

 

【ストレス対策】

※ これでイライラを撃退!ストレスを軽減する食べ物10個

※ 読むだけでストレスが激減?読書の意外なメリット4つ

※ 知らないと危険!ストレスを倍増させちゃうNG習慣5つ

※ ストレスとサヨナラ!満員電車を快適に乗る4つの方法

※ 絶対にしちゃダメ!体に悪影響を及ぼすNGストレス解消法

 

【取材協力】 

※ 望月理恵子・・・管理栄養士、サプリメントアドバイザー、ビタミンアドバイザー。調剤薬局、サプリメント会社に勤務後、独立。強制・禁止などの指導ではない“楽しく自然に身に付く栄養カウンセリング”と、アンチエイジングクリニックや皮膚科などで美容・肩こり・冷え・眼精疲労など“健康な人にもおこりうる悩みに対してのカウンセリング”を得意とする。現在は、健康検定協会を運営しながら、栄養専門誌など、幅広い媒体で執筆活動中。