毛穴は消せない!信じちゃいけない「肌に関する迷信」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰しもが一度は必ず耳にしたことがある、美容にまつわる話。しかし、ウソかホントか分からないまま、「これだけ知られているのなら間違っていないのでは」と、闇雲に信じたままではありませんか?

そこで今回は、そんな美容にまつわるウソ、ホントを解説していきます。

 

■1:ヒゲや産毛を剃ると、濃くなる

「むだ毛は剃ると濃くなる、太くなる」とよく耳にしますよね。なかには、「濃くなると困るから剃らない」なんて人も……。でも安心して!

これは錯覚で、実際に太くなったり濃くなることはありません。細い毛を短く切ることで、少し伸びてきたときに切り口の鋭利さが指先に伝わり、太くなったような感触がしたり、見た目でも切り口が斜めなことで、太くなったような錯覚をしてしまうのです。

面倒な顔剃りは、医療機関でのレーザー脱毛がおススメです。

 

■2:メイクを落とさないで寝ると、雑巾を3枚重ねて寝るのと同じ

雑巾には大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、カビなど多くの菌がひしめいています。それが雑巾3枚分となると、想像を絶する菌の数ですよね。それが私たちの顔の上で起こるのでしょうか? 

たった一晩、時間にして8~10時間メイクを落とさないことで、雑巾3枚分の雑菌が増えることはありません。これは、「メイクを落とさないで寝ると肌に悪い」という話に尾びれが付いてしまったもの。

アイシャドウなどの色もののコスメは粒子が大きいため、肌の奥に入っていくことも考えにくく、肌への負担はさほど大きくありません。

「眠くてメイクが落とせない」というときは、ふき取りタイプのメイク落としでファンデ―ションのみを落とします。又は、翌朝クレンジングをしたあとに、角質ケアを入れるなどして対応すれば、お肌を痛めることもないので、万が一の場合は安心して下さいね。

 

■3:コラーゲン鍋を食べると、翌朝プリプリお肌

私たちの体は食べたものを消化し、栄養素を再構築させ吸収します。そのため、食べたものの成分の一つが突出した効果を発揮するということは、栄養学的にも不自然なのです。

コラーゲンも同様に、主にアミノ酸として体内に吸収され、その全てがコラーゲンとして再生されるわけではありません。しかし、コラーゲン鍋は野菜やお肉、豆腐など様々な栄養素を摂ることができるので、美容、健康によいことは事実です。

バランスの良い食事をしたことで排便を促し、体の調子が整ったり、コラーゲンを摂ったという意識から肌の調子がよく感じられたりするのです。

 

■4:毛穴はお手入れで消せる

「毛穴が消える」などとうたうコスメがありますが、毛穴の大きさは生まれつきであり、遺伝的なものです。極端に小さくしたり、無くすことは不可能なのです。

毛穴が気になるからといって、毛穴パックをやりすぎるのもNG! 角質を傷めたり、毛穴を余計に広げてしまうこともあるのです。

毛穴パックを使用する際は、月に2~3回程度にし、パックの後は保湿をしっかり行いましょう。保湿をしっかりすることで、毛穴の周囲をふっくらさせ、目立たせなくすることができます。

 

いかがでしたか? なかには恐怖を煽る美容説もありましたね。今日からは安心して、正しい美容法を実践してみてくださいね。

 

【肌荒れ解消法】

※ スゴすぎて実は教えたくない「肌荒れを解消する方法」

※ 超簡単!梅雨の肌荒れ原因「汗腺」を鍛えて美肌になる方法3つ

※ その冷え・肌荒れ「骨」が原因かも?実は怖い骨盤の歪み

※ 要注意!実は肌荒れを加速させる「NG洗顔」7パターン

※ この食材があなたを救う!「肌荒れ解消」のレシピまとめ