いつの間にか「おデブになっちゃう」NGファッション3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「甘いものを食べたら太る」、「不規則な生活リズムは太る」など美スタイルから遠ざける要因は沢山あります。しかし! 直接的な要因ではないものの影響もとっても大きいことをご存知ですか? たとえば、ファッションもそのひとつ。

「美脚になりたければミニスカートを履こう」など言われることもありますが、着るファッションによって体のラインが作られるのです。そこで今回は“体のラインが崩れてしまいやすいファッション”をご紹介します!

 

■1:ウェストが楽チンすぎるレギンスパンツ!

レギンスパンツが大流行した理由のなかには、その履き心地の“楽チンさ”大きいですよね。ウェストがゴムで大変伸びやすいため、一度履けば普通のデニムがしんどくなってしまうほど快適。

しかし、女性によってまず太りやすいのがウェスト。そのウェストの変化に気付きにくくなってしまうほど、ゆったりとしたレギンスパンツは気付けば「いつの間に!」ということも。たまにはスリムなデニムを履くことも大切です。

 

■2:上半身もウェストも隠せちゃうチュニックワンピ!

ゆったりとしたチュニックはオシャレの定番アイテム。しかし、チュニックはレギンスパンツと同様にウェストのラインを隠すだけではなく、上半身もすっぽりと包みこんでしまいます。

二の腕や背中などの変化も出にくいチュニックは着やせ効果も抜群ですが、そればかり着てしまうと自分の体と向き合う時間は減るばかり……。露出が増える夏になると、必死にダイエットに取り組まなければならなくなるかも!

 

■3:バレエシューズや、ムートンブーツなどのペタンコ靴!

ローヒールの靴がバリエーションを増やすにつれ女性の脚は楽になるものの、定番化してしまうとちょっと怖いことも。

ハイヒールを履いて歩くと、ローヒールでは刺激されない脚や腹筋を使います。そのため、ローヒールに慣れてしまうことによってハイヒールがどんどん疲れる存在に。

ハイヒールは歩くと疲れる分だけ多少の筋トレ効果もあるため、スタイルキープのためには大切なアイテムなんです。

さらにハイヒールに合わせたコーディネートは、ゆるめのカジュアルではなく女性らしいファッションになることが多いため自然と全身のラインを見せることに。

 

どれも重宝するアイテムばかりだからこそ、うまく付き合っていきたいですよね! たまにはちょっと着心地が悪くても、女性度を上げてくれるファッションに身を包んでみてはいかがでしょうか?

 

【ファッション特集】

※ 超簡単!着るだけで痩せて見えるファッション5つのテク

※ 痛い!自分に自信がない女性にありがちなファッション5つ

※ 着太りはもう嫌!ダウンコートでナイスバディに見せる方法

※ 超簡単!ビックリするほど美脚になれる着こなしテク5個

※ 目が釘付け!着るだけで巨乳に見えるファッション5つ