意外とやってしまいがち!? NGなメイク時の毛穴ケア3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10代から50代くらいまで、幅広い肌悩みとしてよく耳にするのが“毛穴”の悩み。年齢や環境によっても様々ですが、毛穴の黒ずみや開きが気になる方は多いはず。しかし、一体何に原因があるのでしょうか?

角質ケア?  皮脂対策?  実は、メイクの仕方にも原因があります。

では、どんなメイクの仕方がNGなのでしょうか? さっそく以下から見てみましょう。

 

■NGなメイク時の毛穴ケア1:メイク前の保湿を怠る

「女の敵!ファンデーションの毛穴落ちを防ぐ3つの秘策」でも言及しておりますが、実は、化粧崩れの最大の原因は“乾燥”です。

乾燥して水分が不足した肌は、自らを守ろうと皮脂を過剰に分泌します。この皮脂が、崩れのもとになってしまうことが多いのです。

 

■NGなメイク時の毛穴ケア2:ベースメイクでの毛穴ケアを怠る

ベースメイクの段階で、毛穴ケアを怠るのもNG。このベースメイクからしっかりとケアしてあげることが重要なのです。

 

■NGなメイク時の毛穴ケア3:ファンデーションの厚塗り

これはかえって逆効果! ファンデーションには油分が含まれているため、塗れば塗るほど崩れの原因をつくり、毛穴を目立たせてしまいます。

 

以上、3つご紹介しましたが、この中でもみなさんが一番やってしまがちなのは、すぐに毛穴を隠すことができる“ファンデの厚塗り”ではないでしょうか? でも、上でもお伝えしている通り、その場しのぎにはなっても、塗れば塗る程毛穴を目立たせてしまいます。

むしろ、ファンデーションは、毛穴が気になるTゾーンや小鼻こそ、より薄くするべき。ごく少量を伸ばす程度に仕上げるのがコツです。

「じゃあ一体どうしたらいいの !?」そう思う方も多いでしょう。そこでオススメしたいのが、スキンケアの最後に毛穴の気になる部分になじませる部分用プレメイクアップベースを投入すること。

筆者も使用している『ポア インスタントスムーサー』は、毛穴の凹凸や開きを目立たなくさせる毛穴ケア専用アイテムです。

使い方は簡単! 米粒程度を指先にとり、化粧下地の前に毛穴の気になる部分にくるくるとなじませるだけで、毛穴の凹凸がなめらかに。驚いたことは、塗った表面はサラサラしているのに、全くカサつきを感じないこと!

その秘密は、肌にピタリとフィットする処方から生まれた、新開発のスムージングポリマーのおかげ。通常このようなパウダーは皮脂を吸収して肌のつっぱりを感じるものもありますが、この商品は毛穴が均一になり、化粧崩れしにくい効果を実感できます!

その後、リキッドファンデーションでもパウダーファンデーションでもどちらでもなじみがよいのも、手軽に使える理由です。ベースメイクの前のひと手間の仕込みで、毛穴の目立ちをカバーしてすべすべの肌に見せることができるのはありがたいですね。

毛穴対策は正しい仕込みが大事。もうすぐやってくる、バレンタインなどのイベントにも、さりげなく毛穴を隠してモテ肌になれそうです!

今なら、定価2,625円が1,310円で買えるので、みなさんも試してはみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

ポア インスタントスムーサー – CCBパリ

女の敵!ファンデーションの毛穴落ちを防ぐ3つの秘策 – 美レンジャー