実はパソコンの見過ぎもNG!薄毛につながる何気ない習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の始め、ソフトバンク社長孫正義の「髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである」というツイートが「名言過ぎる!」と話題となりましたよね。

まさにネガティブイメージがある髪の毛の減少を、ポジティブに変換している孫さんらしい名言です。

ところで、髪の毛が薄くなることと、男性ホルモンの影響はよく知られていますが、実は皆さんが必ず毎日使う目も、薄毛と深く関係していることをご存知でしょうか?

今回は目についてだけでなく、薄毛を併発してしまう何気ない習慣をいくつかご紹介したいと思います。

 

■目の使い過ぎにより薄毛になる理由

長時間のパソコン作業やTVの閲覧は網膜に負担がかかり、この時の修復にアミノ酸の一種“システイン”という物質が使用されます。

この目の修復の他、抗酸化作用や髪、爪、肌のケラチン組織を構成する働きがあり、体内でとても必要とされているものになります。

 

■お酒の飲み過ぎで薄毛の危険増大

また、システインには飲酒等で発生する、有害物質アセトアルデヒドを代謝する働きがあります。すなわち、飲酒が頻繁に行われると、システイン不足に落ち入りがちになってしまうのです。

 

■システインを食事で補うには?

日常で浪費されがちなシステイン。目の酷使や、お酒の飲み過ぎも控えたいところですが、プラスして食事などで補うことがオススメです。

システインの含有量が多い食品の代表的なものは、カツオ、マグロ、イワシなどの魚や、タマネギ、ブロッコリー、芽キャベツ、唐辛子、ニンニクなどがあります。

また、システインが合成される為にはメチオニンを補うのもおススメです。メチオニンが多いとされている、サバ、サケ、サンマ、アサリ、シラスなどの魚や、人参や大豆、乳製品なども是非摂ってみて下さい。

 

近年、女性も薄毛で悩むことが多くなりましたので、是非女性の皆さんも目の使い過ぎ、お酒の飲み過ぎには気をつけてみて下さいね。

 

【薄毛シリーズ】

※ 髪が薄くなる前に知っておかないと「絶対ヤバイこと」5つ

※ 意外な結果!薄毛にも勝る女性が嫌いな「男性の頭髪」とは

※ 自宅でOK!「抜け毛や薄毛」からサヨナラできる簡単ケア

※ 男性の70%は女性の薄毛より●●の方が見た目的にNG!?

※ 今すぐ始められる白髪・抜け毛の対策法まとめ