「太った自慢」する人に言っちゃいけないNGフレーズ7つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月や新年会でついつい食べ過ぎて太ってしまった人、きっと多いですよね。ちょうどこの時期は、「3キロも太っちゃった~」なんて話す女性も増える時期でもあります。そんなとき、正直何て言ったらいいのか困りませんか?

「そんなことないよ」とか言っても「でも」とか返されてしまう……。自分以外の人の体重の増減にそこまで興味持てないけど、取引先にも突然言われることがあるので、相手の気を悪くするようなことは言わないようにしたいところです。

そこで女ゴゴロ専門家のLISAさんに、“太った自慢”をされてしまったときに言ってはいけないNGフレーズを7つお聞きしましたので、ご紹介します。

 

■1:「そんなに太ったの!?」

一番ダメな返しがこれ。何気なく言ったつもりでも、ダメージ大きいです。「太った」という言葉を相手からも言われると悲しくなってしまいますのでタブー。

 

■2:「(もともと痩せているんだから)それくらいがちょうどいいよ!」

「お相撲さん体型になったわけじゃないし、気にすることないよ」と言い返される女性も多いとは思います。しかし、ほとんどの女性は、自分の中でベスト体重(理想体重)を設定しています。

一般的に見て太ってるかどうかではなく、自分のベスト体重より太ったかどうかが問題なのです。自分勝手なのでしょうが、こう言われても「全然ちょうどよくない!」と反発させてしまうだけ……。

そのため、「服着てたらごまかせるし、それぐらいわかんないよ」あたりも言っちゃダメ。

 

■3:「(ちょっと間を置いた後に)えっ、そうかな?」

頭からつま先まで一通り見たあとで、何を言われてもフォローになりませんよね。「その一瞬の間にどう思ったの?」と、思わず聞き返したくなってしまいます。

 

■4:「実は私も太っちゃってさ~」

仲間がいたと喜べるのもつかの間。他人が痩せようが太ろうが、自分の体重が変わることはないですからね。

共感は人と人の絆を強くしてくれるものですが、体重だけに関しては悲しいことに例外。同じ理由で、「●●さんも太ったって言ってたよ」とかもNG。

 

■5:「(ぽっちゃりしていて)かわいいよ」

愛らしさは増したかもしれないけど、女性としての美しさは確実に下がってる。ひねくれているのかもしれないけど、本当に以前よりかわいくなったのであれば、鏡に映る自分を見てテンションがあがるはず。

 

■6:「(ぽっちゃりの方が)男性は好きだって言うよ」

確かに、痩せすぎよりは少しぽっちゃりの方が好きと言う男性も多いのですが……。

でも、男性が思う少しぽっちゃりというのは、女性からすれば「どこがどうぽっちゃりしてるんだよ!」と言いたくなってしまう体型。ぽっちゃりだと思う体型って、男女ですごく差があるので、この言葉は信用できないんですよね。

 

■7:「へ~、そうなんだ。それで?」

相手は愚痴を言いたいだけなのです。なので、絶対に追及してはいけません。確実に傷付きます。「どこら辺が太った?」も避けた方がいいです。

 

そんな太った自慢されたときに一番よい返し方は、「食べすぎちゃう時期だもんね。美味しいんだもの。仕方ないよ」というのが一番柔らかい表現ではないでしょうか。嫌味もないのでぜひ使ってみてくださいね。

 

【NG行動シリーズ】

※ こんな買い方はNG!セールでやりがちな失敗4パターン

※ 残念なくらい「老け顔」になっちゃうNG行動5パターン

※ 今すぐやめて!美容師に嫌われるヘアサロンでのNG行動4つ

※ 写真美人になるために「絶対やっちゃいけないNG行動」7つ

※ 男性に嫌われる原因!モテない女性にありがちなNG行動4つ

 

【取材協力】

※ LISA・・・コラムニスト兼恋愛作家&女ゴコロ専門家。

アパレル企業での販売・営業、ホステス、パーティーレセプタントを経て、会話術のノウハウをいちから学ぶ。その後、これまでの経験を活かすため、フ リーランスへ転身。ファッションや恋愛心理に関する連載コラムをはじめ、エッセイや小説、メディア取材など幅広い分野で活動中。

ブログは『LISA★ISM -気まぐれフリーランサーとぐうたらウサギの365日-』。Twitterは@LISA_92819