綾瀬はるかもやっている「冷え」が逃げ出すコツ7つ【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気温の低下や運動不足、暴飲暴食などが原因で、“冷え”で悩む人が多い冬。特に、皮膚が薄く筋肉量が少ない女性にとって、冷えは深刻で辛いですよね。みなさんは冷えとどのように向き合っていますか。

【前編】では、2012年「女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」のNo.1に選ばれた、綾瀬はるかさんの冷え対策3つをご紹介しました。【後編】では、残り4つをご紹介します。

 

■4:腕回し

特に冷えを感じるのは、手や足ですよね。筋肉が衰えるとますます血行不良になるので、冷えやすい個所を意識的に回し、筋力アップを目指しましょう。肩甲骨も意識して大きく回すと効果抜群です。

 

■5:早足ウォーキング

週3~4回、約30~40分の早歩きをするそうです。早歩きは、ふくらはぎの筋肉が大きく伸び縮みし、血液を全身に運ぶポンプになります。これが、血行促進につながります。

 

■6:お風呂上りに冷水をかける

幼いころからの習慣で、お風呂上がりには足に冷水をかけるそうです。拡張した血管を収縮させることで、血液循環が良くなります。

 

■7:寝る前の腹式呼吸

緊張してドキドキしている時は、交感神経が優位になり、血液循環が悪い状態になっています。反対にリラックスし、副交感神経を優位にする腹式呼吸は、血行促進に効果的なのです。

 

いかがでしたか。冷えは女性の大敵です! また、不眠や不妊症を引き起こす恐れがあります。深刻な不調にならないように、ぜひ心がけたいですね。また、常にブランケット持参したり、マッサージに行くこともおススメですよ。この冬は、ぽかぽか美人を目指しましょう。 

 

【冷え対策】

※ 食べ過ぎると冷え症になる「ちょっと要注意」なフルーツ

※ 冷えに効果的なのは実は「ショウガよりもココア」と判明

※ シンプルだけど効果絶大!冷えない身体を作るテク7つ

※ 便利すぎてヤバイ!意外な温めファッションアイテム3つ

※ 意外!ヒート系インナーが「冷え性を引き起こす」ことが判明