口にしちゃダメ!どんどんストレスがたまる「NG口癖」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から“言霊”とはよく言ったもので、言葉には霊的なものが宿るとされ、むやみにネガティブなことばかり発していると現実もその通りになると信じられていますよね。

そこで今回は、セラピストの紀野真衣子さんに、多くの方が日頃無意識に使っているNG口癖を挙げていただきました。一つでも思い当たる方、今日から是非見直してみてください。

 

■1:「~しなきゃ!」

 「~しなきゃ!」と思うと、心に負担がかかってしまいます。義務感を帯びるとそれがプレッシャーに変わり、今度はそれをクリアしないと罪悪感に見舞われることも。

「~できる!」「~する!」という決意の言葉として口にしましょう。合言葉は一昔前にブームになった「Yes, We can!」です。

  

■2:「どうせ私なんて……」

ことあるごとに自分を卑下していると、その思いはどんどん強まっていくでしょう。自分を嫌いだという思いは、心だけでなく身体をも蝕みます。

自分に向けられるネガティブなワードは、自分の魅力を半減させるどころか、人から嫌悪感まで抱かれかねません。人から好感をもって貰いたいなら、まずは自分自身が自分を好きになること、認めてあげることが大切ですよね。

 

■3:「幸せになりた~い」

今の自分に不満を持っているからこのような口癖になってしまうのです。しかも、「幸せになりたい」と思っていると、「幸せになる」未来ではなく「幸せになりたい」と思い続ける未来を作ってしまいます。

また、「幸せになる」という能動的なワードに対して、「幸せになりたい」は受動的な印象すら与えますね。自分の人生は自分の手の中にあります。どうコントロールするかは、全てあなた次第ということを忘れないでください。

 

■4:「むかつく~」

嫌なことがあったときについつい口にしてしまう言葉ではないでしょうか。むかつく出来事は、あなたの心の奥深くを見つめるチャンスです。どんなメッセージを送ってくれたのかを考えてみましょう。

人に対して抱いた場合、時にそれは鏡であり、あなた自身を映している可能性もあります。「むかつく」と不平を言う前に、その状況を客観的に受け止め、見つめられる度量を持つべきです。

 

■5:「忙しい」

口に出していうことで忙しさを加速させ、ストレスとなります。また、「忙しい」は心を亡くすと書きますね。「充実している」という言葉に言い換えるとなんだか楽しくなってきませんか?

逆を返せば、時間を持て余すほど、寂しい時間の消費方法はありません。いろいろなことに携われるあなたは幸せです。

 

かの有名なナポレオン・ヒル著『思考は現実化する』とのタイトル通り、自分が思っていることは、声に出すことでより現実になっていきます。一方で湧いてきた感情を抑圧するのは厳禁!

どうしても我慢できないときは、無意識につぶやくのではなく、大声の出せる場所に行って思いのたけをぶちまけましょう。溜まっていた感情を出してスッキリすると、自然と言葉もポジティブになりますよ。

 

【NG行動シリーズ】

※ 「太った自慢」する人に言っちゃいけないNGフレーズ7つ

※ こんな買い方はNG!セールでやりがちな失敗4パターン

※ 残念なくらい「老け顔」になっちゃうNG行動5パターン

※ 今すぐやめて!美容師に嫌われるヘアサロンでのNG行動4つ

※ 写真美人になるために「絶対やっちゃいけないNG行動」7つ

 

【取材協力】

紀野真衣子・・・カウンセラー・セラピスト。「自由なヒロインになって思い通りの人生を創る」がコンセプトの“ヒロインセラピー”を行う。潜在意識に働きかけ、思考パターンを書き換えることを得意とする。ブログでは“ヒロイン思考を手に入れるヒント”など、潜在意識についての記事が満載。Twitter は@kinomaico