髪が薄くなる前に知っておかないと「絶対ヤバイこと」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人男性の薄毛人口は1,260万人で、およそ5人に1人が薄毛であると言われています。しかし、薄毛であることがイコール、ネガティブな要素ではありません。髪が多い男性の方が魅力的で、女性にモテると思ったらそれは大きな間違い!

新井キヒロさんのコミックエッセイ『僕の髪の毛が少ない』から、髪が薄くなる前に知らないとヤバイこと5つをご紹介します。

 

■1:似合うファッションはある

「薄毛になると似合う服がないんじゃないか?」そう思うのは大間違いです。薄毛からスキンヘッドにした方はB系ファッションが似合うようになります。それと同じく豊毛から薄毛になっても、帽子、バンダナ、ウィッグ、エクステでオシャレにできます。むしろ、それらに合った服を選ぶ楽しみが新しく生まれます。

 

■2:ちゃんと恋愛はできる

自分の外見に自身が持てず、ネガティブになりがち。でも、それが原因で鬱々としていることの方が逆にモテません。薄毛を受け入れて、堂々としている方が中身に興味を持ってもらいやすいのです。

 

■3:自分に自信をなくすと人生損する

負い目を感じると、ひねくれた性格になってしまいます。愚痴ばかり言う人は誰だって嫌ですよね。どんどん友達も離れていきますし、仕事にも集中できなくなって効率が悪くなります。そして新しい出会いも望めません。

 

■4:隠そうとすると逆にバレる

薄毛の部分を隠そうとして髪をいじると不自然になり、逆にバレやすくなります。とくに、雨の日や強い光の下にいる時は要注意です。

 

■5:中途半端なカミングアウトだと気まずくなる

初対面の人、まだ関係が浅い人などに「実は最近、薄くなってきちゃって……」と自ら言うのは避けた方がいいです。相手は「あんまり触れちゃいけないところだから何て返そう」と言葉につまってしまいます。何でも話せるようになってから申告した方がベターです。

 

いかがでしたか? 薄毛を気にするあまり、心を閉ざし自信喪失することで内面の魅力が半減。薄毛よりもこのことの方がよほど深刻な問題ですよね。

薄毛で有名なジャン・レノやブルース・ウィルス、ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジなど、錚々たるハリウッドセレブたちは、むしろ薄毛であることでより男の年輪を感じ、ダンディでセクシーな魅力を放っているようです。

薄毛でお悩みの方、発想の転換をし、薄毛をポジティブに受け取ってみることからスタートしてくださいね。

 

【髪型シリーズ】

※ 実は「毎日同じ髪型」はNG?女性の髪に対する男性の本音9つ

※ 巻き髪はNG!? 実は男がドン引きしている女の髪型6つ

※ クレオパトラもポンパドール夫人も!歴史的美女は「髪型」命だった

※ 個性派はNG?男ウケNo.1の髪型はやっぱり「宮崎あおい」風

※ 自然が一番?男女ともに人気の「パーティヘア」が決定!

 

【取材協力】

新井キヒロ・・・コミックエッセイ作家・漫画家。21歳の頃、ミュージシャンを志して上京。その後都内で音楽活動を続けた後、2007年冬に漫画ブログ『ハゲにもマケズ』を始める。2008年にみこすり半劇場にて漫画家デビュー。現在は『コミックエッセイ劇場』にて連載中。2012年10月、20代から髪の毛が少なくなった“僕”のポジティブコミックエッセイ『僕は髪の毛が少ない』(メディアファクトリー)を上梓。

【参考】

新井キヒロ(2012)『僕は髪の毛が少ない』 メディアファクトリー