衝撃の事実が判明!唇は薄ければ薄いほど「老けて見える」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはコンプレックスがありますか? 目が細い、口が大きい、まつ毛が短い……などなど、人それぞれ、何かしらコンプレックスがあると思います。最近では「唇が薄い」と悩む人も少なくないそうです。

そこで今回は、イギリスの情報サイト『The Telegraph』の唇に関する興味深い記事をご紹介。筆者が実践する“お風呂で簡単にぷっくり唇をゲットする方法3つ”も併せてご紹介します。

 

■唇は薄いほど老けて見える!?

伝説の女優マリリン・モンローは、真っ赤に塗った分厚い唇がトレードマークでしたね。

日本で、ぽってりした分厚い唇の有名人と言えば、平子理沙さんや井川遥さんがいらっしゃいます。厚い唇の持ち主に共通して言えるのは、年齢を重ねてもいつまでも若々しく見える事ではないでしょうか。

実は分厚い唇は、実年齢より若く見えることが分かっています。

しわや目の下のくま、たるみが目立ち、白髪になっても、分厚い唇の女性は年齢より若く見えるそうなんです。これは、セント・アンドリュース大学をはじめとした7つの大学の調査結果で分かったことです。

唇の厚さは初期の成年期に成熟し、30歳~40歳にかけてどんどん薄くなり始めます。

唇が薄くなるという老化の特徴は、遺伝によって左右されるとのこと。肌老化の原因とされる、紫外線など外的な影響はほとんど受けず、遺伝によって大きく左右されるんですね。

加齢によって薄くなる唇。どうしたら、いつまでも若く見られるための、“ぽってりした分厚い唇”をゲットできるのでしょうか。

 

■ぽってり唇をゲット! お風呂でできるお手軽ケア3つ

唇の再生力は、3~5日と速いので、思い立ったらすぐケアをしてみてください。

(1)オリジナルリップパック

お気に入りのリップパックを作ってみてはいかがですか? 筆者は現在、二種類の手作りパックで唇ケアをしています。

一つ目は“はちみつ&オリーブオイルパック”。保湿効果に優れるはちみつ&オリーブオイルを1:1で混ぜるだけ。唇に円を描くように塗り、3分パックするだけの簡単パック!

もう一つは“リンゴ&はちみつパック”です。

以前、「秋の味覚“リンゴ”にデトックス効果があることが判明」でもご紹介しましたが、摩り下ろしたリンゴに適量のはちみつを入れるだけ。ピーリング効果のあるリンゴを使ったこのパックは、ぽってり唇だけでなく、つるつるつややか唇になれます。

(2)もみもみ唇マッサージ

汚れや塩分の付いた手を良く洗い、くちびるを揉むだけの簡単マッサージ。ぷっくりと血行の良い唇をゲットできます。唇は角層がとても薄いので、力を入れすぎないようにしてくださいね。

また、「アイウエオ」と大きく唇を開け、ストレッチをすることもおススメです。

(3)ラップをフル活用

保湿効果を促すラップをどんどん活用しましょう。肌に使う美容液やクリームを唇に塗って“美容液(クリーム)パック”をすることもおススメです。また、オリジナルリップパックをする際にも、ラップを使ってみてください。

 

いかがでしたか? 唇の分厚さが、年齢より老けて見えるか若く見えるかのカギなんですね。これからは、肌だけではなく、唇のケアに力を入れる素敵女子が増えそうです。

 

【リップ特集】

※ 日本で最も「唇美人」な石原さとみの唇になる方法5つ

※ 男性がドン引きする「ガサガサ唇」になっちゃうNG習慣6つ

※ つけるだけで人生を素敵に変える「赤リップ」の八大効果

※ 衝撃!唇が乾いていると彼氏できないどころか年収も低かった

 

【参考】

Women with full lips ‘look younger’ – The Telegraph