綾瀬はるかもやっている「冷え」が逃げ出すコツ7つ【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ORICON STYLE』の調査によると、2012年「女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」のNo.1に選ばれたのは、綾瀬はるかさんでした。堂々の2年連続の受賞でしたね。憧れの一つは“透明感のある美肌”ではないでしょうか。

美肌になるには”冷え”は、大敵ですよね。体が冷えていると、お肌はくすみ、シミができやすくなります。綾瀬はるかさんは、どんな冷え対策をしていらっしゃるのでしょうか? 特にこの季節に役に立つ“冷えから嫌われる方法7つ”をご紹介します。

 

■1:どんなに忙しくてもお風呂

どんなに忙しくても「湯船につかる」と言う、綾瀬さん。体が温まり血液の循環が良くなるだけでなく、水圧がかかることで、リンパ液の流れも良くなり、血行が促進されます。38℃~40℃のお湯にゆっくり浸かりましょう。適宜、お湯を足して温度調節をしてください。

 

■2:湯船で足首ぐるぐるストレッチ

お風呂でいつも行うのが、“足首ぐるぐるストレッチ”だそうです。足首は、仙骨(骨盤の真ん中にある骨)と連動しています。仙骨部分を温めると、全身の血液の巡りが良くなるので、足首を回してストレッチをすることは、全身の血液循環にもつながります。また、かかとの上げ下げもしているそうですよ。 

 

■3:お風呂上りのストレッチ

お風呂上りは、体がほぐれて、筋肉や腱の柔軟性が増しています。普段なかなか動かさない筋肉を動かす良い機会です。なるべく大きく体を動かしましょう。筋肉を動かすことで血行促進・代謝アップにつながります。また、腹筋・背筋・腕立て伏せもしているそうですよ。 

 

お風呂は、冷え性とさよならするための、大切な場所と言えますね。冷え対策は、まだまだありそうです。【後編】では、綾瀬はるかさんに学ぶ、“冷えから嫌われる方法7つ”残り4つをご紹介します。

 

【冷え対策】

※ 食べ過ぎると冷え症になる「ちょっと要注意」なフルーツ

※ 冷えに効果的なのは実は「ショウガよりもココア」と判明

※ シンプルだけど効果絶大!冷えない身体を作るテク7つ

※ 便利すぎてヤバイ!意外な温めファッションアイテム3つ

※ 意外!ヒート系インナーが「冷え性を引き起こす」ことが判明