腸を美人にしてくれるヨーグルトの最強「飲み方」ベスト3

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年代、性別問わずに愛され続けているヨーグルト。コンビニやスーパーでは多彩なヨーグルトが並べられ、その用途もダイエットや健康、さらに最近ではアンチエイジングにととても幅広くなっています。

そんなヨーグルトの中でも、なめらかな味わいでファンが多い“小岩井ヨーグルト”を使ったレシピ本、『乳酸菌でまろやかヘルシー! 小岩井ヨーグルトレシピ』が登場しました。

「ヨーグルトにレシピ……?」とその中身が気になる方も多いはず。そこでレシピ本の中から『美レンジャー』イチ推しのものを特別に3つピックアップしました。

 

■1:すっきりと爽やかな風味がクセになる “レモンヨーグルトソーダ”

まずは寝起きに飲みたいヨーグルトドリンクをご紹介。レモンのすっぱさは体内の調子を正常にし、さらにヨーグルトが腸内を整えてくれるため、ダルい朝にぴったり!

【材料(2杯分)】

・ヨーグルト 3/4カップ

・レモン 1個

・はちみつ 大さじ5

・炭酸水 1カップ

【作り方】

(1)レモンはよく洗って厚さ5mmに切り、はちみつをかけて漬ける。さらっと水分があがってきたらOK。

(2)グラスにヨーグルトを入れ、レモンスライスをのせて(1)で出てきた水分を各大さじ2ほど注いで炭酸水で割る。

 

■2:とっても美味しいデザートドリンク“マンゴーラッシー”

女性に人気のフルーツ、マンゴーを使ってラッシーに! とっても簡単なのにお味は絶品です。満足感もあるので小腹が空いたときや、甘いものがほしいときにオススメ。

【材料(2杯分)】

・ヨーグルト 150g

・マンゴージュース 1と1/2カップ

・氷 適量

【作り方】

ヨーグルトとマンゴージュースをよく混ぜ、氷の入ったグラスに注ぐ。

 

■3:実は料理にもOK! “じゃがいもとねぎのクリームスープ”

ヨーグルトはデザートとして扱われることも多いですが、実は料理としても大活躍してくれます。ヨーグルトのとろ~り濃厚な味わいでコクのあるクリームスープに。まずは一度お試しあれ!

【材料(2杯分)】

・ひと晩ドリップヨーグルト 30g

(1)ドリッパーに紙フィルター(またはキッチンペーパー)をセットし、グラスなどの上に置いて、『小岩井 生乳100%ヨーグルト』をザルに静かに注ぎ入れる。

(2)『小岩井 生乳100%ヨーグルト』を紙フィルターいっぱいまで注いだらラップをかけ冷蔵庫などに入れ、そのまま置く。

(3)ひと晩おいて水分が落ちなくなったら出来上がり。

・じゃがいも 2個

・長ねぎ 2本

・バター 30g

・水 1と1/2カップ

・牛乳 1カップ

・生クリーム 1/4カップ

・塩、粗挽き黒こしょう 各少々

【作り方】

(1)じゃがいもは皮をむいて薄切りに、長ねぎは縦半分に切ってから薄切りにする。

(2)バターで長ねぎを炒め、しんなりしたら、じゃがいも、水、牛乳を加えてじゃがいもがやわらかくなるまで煮る。

(3)生クリームを加えたら火を止め、塩で味を調える。

(4)器に盛り、ドリップヨーグルトをトッピングして黒こしょうをふる。

 

どれもおいしそうで、チャレンジしやすいレシピばかり。ヨーグルトのまだまだ知られていない魅力を、ぜひご自身で体験してくださいね。楽しく作って、キレイになっちゃいましょう!

 

【飲み物シリーズ】

※ お店の美味しい生ビールのように缶ビールを飲むコツ4つ

※ 実はすごいドリンク「牛乳」の美人になれる飲み方7つ

※ 飲むだけで体がポカポカして美人になれる「超優秀な飲み物」

※ 「それ美味しいの!?」ってなる世界のびっくり飲み物10個【前編】

※ 「それ美味しいの!?」ってなる世界のびっくり飲み物10個【後編】

 

【参考】

小岩井乳業株式会社・監修(2012)『乳酸菌でまろやかヘルシー! 小岩井ヨーグルトレシピ 』(ワニブックス)