新春でも女性が「化粧品の福袋だけは買わない」理由4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の記事「イマドキ女子は華やかなものが欲しい!? “福袋”最新事情」では、お正月のセールで化粧品の福袋は意外と買われていない、というアンケート結果がでました。

一部の百貨店のコスメカウンターで行われた、人気ブランドの福袋は大人気だったようですが、今年もコスメ福袋を買ったという女性はまだまだ少ないようです。

ファッションアイテムの福袋は一般的に売れ行きが良いというのに、どうして化粧品の福袋(ドラッグストアやバラエティストアなどで販売されるお得なセット商品)はイマイチ人気がないのでしょうか? その理由を考えていきたいと思います。

 

■1:成分が肌に合うか不安だから

とくにスキンケアアイテムなどは、「直接肌につけるものなので、肌に合うかどうかわからないので不安」という意見が多いよう。基本的には大量に仕入れたものや売れ残ったものが入っていることも多いので、使用期限なども気になるところ。

そこで、スキンケアアイテムは、お得感よりも安心感を重視したいという声は、もっともなものではないでしょうか?

 

■2:奇抜なメイクアップアイテムが多いから

バラエティショップなどでセール品となって売られているメイクアップアイテムは、「色味が自分に似合わないor好みではないから」という声も見逃せません。その年に売れ残ってしまった、使いこなすのがなかなか難しいアイシャドウや口紅のカラーなどは、いくらお得でもなかなか買おうと思わないのが正直なところですね。

 

■3:本当に欲しいものを納得できる価格で買いたいから

コスメに限らず、お財布のひもがどんどん固くなっている今、「たとえ5,000円で2万円相当の商品が入っていようが、5万円相当ですごくお得と言われようが、自分が欲しいもの、必要なものでなかったら使わないし、いらない」という堅実な意見も多いよう。

好きなブランドや自分に必要なアイテムがはっきりしている方は、“お得”という文字だけには反応しないようです。

 

■4:香りの好みが合わない可能性が高いから

ボディソープやクリームなどのボディケアアイテムなどは、顔に使用するアイテムと比べると、一見あまりハズレはなさそうなもの。しかし、ここで心配なのが“香り”。広範囲に使用したり、バスタイムに香りを楽しむアイテムは、好みではない香りだと、心地よいどころかむしろ不快な気分に……。

「いくら保湿力が高いクリームでも、香りが気に入らなかったら使わないので買わない」という意見は賢明な考えと言えますね。

 

いかがでしたか? 今の自分に必要なアイテムを賢く購入することが、化粧品にも求められているよう。今年こそ、お得感に引きずられず、使っていて心地よい化粧品選びをしていきたいですね。

 

【買い物シリーズ】

※ こんな買い方はNG!セールでやりがちな失敗4パターン

※ 若い女性に急増中「ネットショッピング依存症」の回避法

※ 食費を節約したい人は必ず知るべき「賢い買い物方法」12個【1/3】

※ 食費を節約したい人は必ず知るべき「賢い買い物方法」12個【2/3】

※ 食費を節約したい人は必ず知るべき「賢い買い物方法」12個【3/3】