実質0円!ゴミ箱行きの●●でブーツの悪臭を断つ裏技3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬のお出かけに欠かせないファッションアイテムといえば、ブーツですよね。

でも気になるのは、脱いだ時のあのにおい。以前「忘年会の会場がお座敷で大ピンチ!イヤ~な足のニオイの原因は○○だった」という記事でもご紹介しましたが、あのイヤなにおいは、汗をかいて蒸れたブーツの中で細菌が繁殖することで起こります。

足をよく洗って清潔にしたり、消臭スプレーや脱臭効果のあるインソールを使うのも有効な対策ではありますが、意外と見落としがちなのが、脱いだ後のブーツのケアです。

一日履いて汗を吸ったブーツは、なかなか一晩では乾きません。しっかりと乾かさないまま、まだ湿気が残っているブーツを履いて出かけると、ますます蒸れやすく、においが発生しやすくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

ブーツは2~3足をローテーションさせて同じものを続けて履かないようにし、休ませている間にしっかりと乾かすのがポイントです。そこで今回は、身近にあるものを使ってブーツの湿気やにおいを取る裏技をご紹介します。

 

■1:新聞紙とストッキングでブーツキーパーを手作り

ストッキングの脚の部分を切って、中に新聞紙を入れ(くしゃくしゃに丸めて詰めても、くるりと筒状にして入れても、どちらでもかまいません)、口の部分を結びます。これをブーツキーパーとして使えば、新聞紙が湿気を吸ってくれますし、型くずれを防ぐ効果もあり一石二鳥です。

 

■2:乾燥剤でさらに乾燥スピードを加速

お菓子や乾物などに入っている乾燥剤(シリカゲルなど)をブーツの中に入れておくと、さらに吸湿効果が高まります。

 

■3:使用済みのカイロにも吸湿・消臭効果が

使い捨てカイロには、脱臭剤の主成分でもある活性炭が含まれています。そのため、使用済みのカイロをブーツの中に入れておくことで、においや湿気を吸着する効果が期待できるのです。

 

手作りブーツキーパーは、古新聞や履かなくなったストッキングを活用すれば実質タダ。通常はすぐ捨ててしまう乾燥剤や使用済みカイロも、こうすれば最後まで有効活用できますね。身近にあるものを上手に使って、イヤなにおいの原因を断ち切りましょう!

 

【関連記事】

※ 「理想のニオイ」に男女差!男性は無臭を好むことが明らかに

※ クサい?クサくない?日本人男性のニオイ実態が明らかに

※ 人前でやっちゃうと超恥ずかしい「オナラ」のメカニズム

※ あなたの体から悪臭出てない?チェックすべきポイント6つ