今よりもっと「可愛い女」になれる!愛され顔メイクのコツ【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女の子の理想であるお人形。スタイルをマネするのは簡単ではなくても、お人形フェイスは“ある決まり”さえ取り入れれば、簡単にマネできてしまうのです。

前編ではドールメイクの土台でもあるベースメイクの作り方をご紹介しました。続いて後編では“ポイントメイク”の作り方をレクチャーしていきます。

 

■1:アイシャドウ

お人形の目元を見てみると、ほんのりブラウンのアイシャドウに、バサバサのまつ毛、ちょっぴりタレ目がちな目元が多いですよね。

アイシャドウは同様に、自然な陰影を作り出してくれる“ブラウン”を使用しましょう。アイホールにベージュやゴールドをのせたら、アイホール中間から目のキワにかけてブラウンシャドウをぼかしていきましょう。下まぶた目尻から黒目の外側にも、同じくブラウンシャドウをぼかしていくことで、タレ目&大きい目元が完成します。

 

■2:アイライン

よりハッキリとした目元に仕上げたいのならブラックを、優しく見せたいのならブラウンのアイライナーを使います。また、通常アイラインを入れる部分(まつ毛の生え際から上)だけでなく、インライン(まつ毛の生え際の内側)にも入れることで、より深みのある目元を作ることができます。

なりたい目元に合わせて、アイラインを入れるのもおススメです。“黒目がちなパッチリアイ”に見せたいのなら、黒目の上部分のラインを少し太めに入れるとよいでしょう。反対に、“メーテルの様な切れ長アイ”に見せたいのなら、目尻部分を少し太く長めに仕上げましょう。

 

■3:マスカラ

ドールメイク成功の最大の鍵は、まつ毛です。扇形のまつ毛を目指しましょう。ビューラーを使い、まつ毛の根元、中間と回数を分けて、丁寧にカールアップさせていきます。マスカラを塗る前に、マスカラ用の下地を使うこともポイントです。カールの持続やマスカラの持ちをアップさせ、パンダ目を防いでくれます。

マスカラにも長さを出す“ロングタイプ”や、ボリュームを出す“ボリュームタイプ”など様々なタイプがありますが、一本使いだけでなく、用途ごとに組み合わせることで効果が倍増します。マスカラ下地の後にロングタイプで流さを、最後にボリュームタイプで濃さを出しましょう。下まつ毛も忘れずに塗ることで、目力がアップします。

まつ毛のボリュームが足りない人は、つけまつ毛を使用するのもおススメです。キュートに見せたいのなら、黒目の上部分が太く濃くなっているタイプを、猫のようなキャットアイに見せたいのなら、目尻に向かうにつれて長く濃くなるデザインを選びましょう。

 

■4:リップ

目元に重点を置いた分、リップは色味を抑えましょう。ベージュのリップカラーで唇の赤みを消します。唇の赤みが強い人は、コンシーラーで一度唇の赤みを消してからリップカラーを重ねることで、よりキレイにリップカラーが発色します。

 

いかがでしたか? 一手間加えるだけで、簡単に“ドールメイク”が完成します。ぜひこれで、新しい魅力を手に入れてくださいね!

 

【関連記事】

※ あらゆる男性にモテる!流行の「薄盛りメイク」成功テク

※ ほんのちょっとした手間でOK!超簡単「化粧直し」テク3つ

※ もはや時代遅れで超ダサイ!愚かなNGメイクの特徴3つ

※ 超簡単!劇的に肌をキレイに見せるセルフカラー診断

※ プロ大絶賛!クマ・シミ・シワを消すスゴ技コンシーラー