もうむくまない!輝く「美脚」を手に入れる簡単な習慣4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の美容の大敵といえば……乾燥とむくみ! 実は顔のむくみも体のむくみも、原因は同じところにあるのはご存じでしたか? マッサージはぜひ積極的に行って欲しいのですが、体内からのケアをすることで全身のむくみを解消できます。

なぜ冬はむくみやすいのでしょう? 血流を滞らせないことがむくみ解消の要なのですが、冬の寒さで運動量が減り、長時間同じ姿勢をとることや、汗をかかないため水分補給を十分行わないことで体液の流れが滞りがちになってしまうため、寒さはむくみを誘発してしまうのです。

今回はむくみにくい体を作るために身につけたい習慣をご紹介します。

 

■1:少量の水分を何回も摂る

むくんでしまうと、水分を摂らないほうが良いと考えてしまいがちです。体には入ってきた量と同じ水分を排出しようとする働きがあるので、適度な量を摂ることが大切です。

コップ1杯を1時間かけて飲むなど、一度に大量摂取するのではなく、気がついた時にひとくち口にできるようにしておきましょう。冷えを防ぐため温めて飲むのもおすすめです。

 

■2:塩分を控えてカフェインの入ったものを飲む

利尿作用のあるカフェインを使って、余分な水分を排出しましょう。塩分を多く摂ると体は水分を溜め込もうとします。味が薄いと感じたときは塩分を足すのではなく胡椒を使ってみましょう。カフェインは午後4時までに摂ると快眠の邪魔になりません。

 

■3:明日葉を食べる

明日葉に含まれる”カルコン”に血管拡張作用があることがわかっています。血の巡りをスムーズにしてくれるため、便通も良くなるという報告も。明日葉が含まれた野菜ジュースでも効果があるようです。セルライト除去にも効くともいわれています。

 

■4:5本指ソックスを履く

外出先で靴を脱いでマッサージはできませんよね。そこで5本指ソックスを履いて習慣づけてほしいのが、お手洗いにいったとき、靴を脱いで思いっきり足指を閉じたり開いたりすることです。

歩くときの体重移動には、足をマッサージするような効果もあります。手を使わずに足指を開くことで足先に溜まった血の流れを良くしましょう。

 

いかがでしたか? 体を温めて行うリンパマッサージも効果的ですが、外出先でむくみを感じたときにすぐ対処できる方法も試してみてくださいね。

 

【むくみシリーズ】

むくみを引き起こす「実は恐ろしい冬のファッション」7つ

※ 夕方の「むくんだ脚」をあっという間に解消する裏技4つ

※ 放っておくと恐ろしい「脚のむくみ」の原因と予防法5つ

※ これですっきりできる!超簡単なむくみ水太り解消法3つ

※ 「水分とりすぎで脚がむくむ」は嘘!実は水分不足が原因