不潔にしていると美しくなれない「NG風水スポット」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年がスタートしましたね! みなさん、初詣では『美レンジャー』の過去記事「日本人なら知らないと恥ずかしい”初詣の参拝マナー”5つ」を参考にしてくれましたか?

久しぶりの連休を使って、いろいろな場所へ遊びに行った人もいれば、反対にお正月は外出をせずに、家でのんびり過ごした人もいるかと思います。

ですが、その”のんびり生活”のせいで、せっかく年末に大掃除をしたのに、すでに部屋の中がグチャグチャ……なんていうのは、新年早々ちょっと残念ですよね。

散らかった部屋ではテンションが上がらず、やる気が出ないだけではなく女子力もガタ落ち!

今回は風水学をもとに、キレイにしておかないと”美から遠ざかってしまう”家の中の大切な場所について、お話していきます。

 

■1:洗濯物をため込むのはNG

洗っていない汚れた洗濯物は、陰の気をあらわしているので、ビューティー運を下げてしまいます。洗濯物はなるべくためず、忙しくて洗濯ができないときは布を被せるなどして、汚れた衣類が見えないようにしましょう。

 

■2:鏡が汚れていると肌トラブルに

鏡が汚れていると、そこに映る自分の姿や肌に悪い気が反射して、肌トラブルを起こします。鏡はピカピカに磨き、ゴミ箱など汚れたものが映り込まないようにしましょう。

 

■3:排水口が詰まるとダイエットに失敗する

風水学では排水口が詰まると、身体の毒素も排出されなくなり、ダイエットに失敗するといわれています。それだけでなく、排水口からの悪臭は、金運を下げ、水回りの汚さはビューティー運も下げてしまいます。髪の毛やゴミの詰まりはこまめに掃除しましょう。

 

■4:干支モチーフを玄関に置くと幸運が舞い込む

干支には時の運が宿っています。良い気が入ってくる玄関にモチーフを置けば、様々な好機に恵まれます。

今年は巳年! 七福神の弁財天様の使いであるヘビは、昔から金運アップの象徴といわれていて、「夢にヘビが出てきたら宝くじを買う」「ヘビの抜け殻を見つけたら財布へ入れる」など、様々なお金に関する迷信もあるのです。

また、ヘビは脱皮する生き物なので、巳年は”新しい自分に生まれ変わる人生の転機の年”ともいわれているんですよ。玄関にヘビのモチーフを飾り、良い気をたくさん呼び込みましょう。

 

いかがでしたか? 掃除をする時や、模様替えをする時には、2013年のラッキーカラーを取り入れるのもオススメです。風水家相の第一人者であるDr.コパこと小林祥晃さんによると、今年はあらゆる運気を上げるゴールド、過去を清算して新たにスタートをするブルー、子宝、財運、旅行運を上げるオレンジがラッキーカラーだそう。

次のお休みは、風水学に基づいたお掃除をしてみては? 停滞していた運気がグンと上がるかもしれませんよ。

 

【部屋シリーズ】

※ すごいスッキリする!最強の「クローゼット整理術」6つ

※ もう汚い部屋にならない!掃除が楽しくなる簡単テク5つ

※ 部屋の中に溜まっている「嫌なニオイ」を撃退する方法5つ

※ 男性が「大事にする気をなくす」NGな女性の部屋8つ