医者がすすめる「肝臓を悪くしないお酒の飲み方」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年早々、飲み会続きのあなた! 肝臓の調子はいかがですか? 

「男性より若い女性の方が“肝臓を酷使”していると判明」という記事では、ウコンとオルニチンをダブルで摂取すると飲み会続きで疲れた肝臓をケアするのに効果的、とお話しました。

 最近では、『キリンビバレッジ』からウコンとオルニチン両方入ったドリンクが発売されたり、『森永製菓』からウコンのアイスが発売されたり、宴会対策グッズや肝臓ケアグッズは、年々進化して盛り上がりを見せていますね。

では、お酒を飲む前・飲んでいる間・そして飲んだ後は、それぞれどのような食材や成分を摂ることが効果的なのでしょうか?

そこで、アルコール外来が専門の医療法人社団榎会『榎本クリニック』院長・深間内文彦先生に、具体的に教えていただきました。

 

■1:飲酒前

これは、まさしくウコン! ウコンに含まれるクルクミンは、胆汁の分泌を促進し、アセトアルデヒドの分解を高めるといわれています。さらに胃のぜん動運動を適度に保つ上に、アルコール吸収を遅らせてくれるので、飲酒前に飲むとより効果的です。

また、シジミに豊富に含まるオルニチンは、肝機能の働きを助けることで疲労回復効果があると言われているため、飲酒前にクルクミンと合わせて摂取することで相乗効果も期待できます。

ただ、シジミ汁を飲酒前に飲むのは難しいと思いますので、是非サプリメントなどを飲んでケアしていただきたいですね。

 

■2:飲酒中

おつまみには、枝豆や大豆類の冷奴・納豆がよいでしょう。ビタミンや良質なタンパク質を豊富に含むため、酵素の働きを助け、肝機能を強化してくれます。

 

■3:飲酒後

飲酒後には、フルーツがオススメです。アルコール代謝に必要とされるビタミンBやCを、フルーツから補給するのは手軽です。

果汁100%ジュースは、ビタミン補給と水分補給が同時にでき、フルーツの糖分もアセトアルデヒドの分解を早めてくれるため、是非摂取していただきたいですね。

 

いかがでしたか? このように、お酒の前後で上手に対策をとることで、もっとお酒を楽しめるようになります。忘年会で肝臓を酷使してしまった方こそ、新年会の前にお酒との正しい付き合い方を見直してみてくださいね!

 

【アルコール豆知識】

飲み会がもっと楽しくなる!体が喜ぶお酒の飲み方まとめ

食べ合わせを変えるだけでできる!お酒で疲れないコツ

※ 飲み過ぎた次の日でも「美人でいられる」コツ7個【前編】

飲み過ぎた次の日でも「美人でいられる」コツ7個【後編】

 

【参考】

オルニチン研究会

 

【取材協力】

※ 深間内文彦(ふかまうち・ふみひこ)・・・東京医科歯科大学大学院医学研究科修了。医学博士。

米国国立衛生研究所(NIH)研究員、東京医科歯科大学難治疾患研究所准教授、国立大学法人筑波技術大学教授/保健管理センター長(現・名誉教授)を経て、2008年4月より医療法人社団榎会 榎本クリニック院長。

専門は専門は、うつ病、アルコールやネット依存症、児童・思春期の問題、職場のメンタルヘルス。著書に『かくれ躁うつ病が増えている』(法研)など。