着太りはもう嫌!ダウンコートでナイスバディに見せる方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬将軍がやってきて、雪予報も始まりました。どこへ行くにもコートを手放せない季節ですよね。中でもここ数年の人気はダウンコート。薄手でも暖かいものからドレッシーなラインのものまで、さまざまな形が出そろいました。

しかしベーシックな色を持っていると、毎年買い替えるという人は少ないのでは? 小さくできないダウンはクローゼット内でかさばる衣類のナンバーワン。常に5、6着を揃えようとはあまり思いませんよね。

その結果、暖かさを優先していつも同じコートを着ることに。もたついてしまうダウンをスタイルよく見せる方法があるとしたら知りたいと思いませんか? 今回は手持ちのダウンの可能性を広げる、新しい着方をご紹介します。

 

■手持ちの小物を加えてアレンジ

 (1)ベルト

ドレス丈のダウンなら簡単に加えられますが、色味を合わせればショート丈のものでも大丈夫! カジュアルなショート丈もお出かけ着に変身。腰の位置が高く見えることと、もったりしているダウンを一カ所引き締めることで女性らしい”ボン・キュッ・ボン”のボディバランスを演出できます。

(2)ロングネックレス

ベルトをつけたダウンの上から長めのネックレスをしてみると、ドレッシーな印象に。ショート丈のものであればスキニーパンツを合わせると、上半身との対比で脚が細く見えます。

(3)ストール

大判のストールをダウンの上からはおってみてください。ダウンが隠れるためカジュアル感が消え、デートにも使えるコートに早変わり。アンティーク風や、ラインストーンのついた大きめ安全ピンを持っていれば、足下に巻いて留めることもでき、冷えを防げます。

(4)ロンググローブ

思い切って袖をまくってみてください。内側に折り込むか、アームバンドなどで肘下あたりまで袖をあげてみましょう。そして肘まであるレザーのロンググローブをしてみると、ふくらみがある見頃との対比で腕が細く長く見えます。

 

■ポイントは厚みを利用した引き締め

ダウンでできてしまう厚みを、引き締め箇所をつくることで女性らしいスタイルに。このバランスを覚えてしまえば、マニッシュなコーデでも大人可愛い雰囲気をプラスすることができます。

引き締め部分にはボトムス・腕・首・ダウンのベルトなど、その日の気分によって変えることができます。ぜひ工夫してみてくださいね。

 

寒さ対策として使うだけじゃもったいない! デートに女子会に活躍できる着こなしを取り入れて、楽しい毎日を過ごしてくださいね。

 

【関連記事】

※ 超簡単!ビックリするほど美脚になれる着こなしテク5個

※ 目が釘付け!着るだけで巨乳に見えるファッション5つ

※ ぽっこりお腹をスッキリ見せる「最強ファッション」5個

※ むくみを引き起こす「実は恐ろしい冬のファッション」7つ

※ あなたのオシャレは「誰かを傷つけている」ことが判明!