日本人なら知らないと恥ずかしい「初詣の参拝マナー」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、新年を迎えたらまず最初に何をしますか? 新年会やおせち料理を楽しんだり、久しぶりに会う家族や地元の友人、恋人と一緒に初詣に出かけたりするのもいいですよね。

日本では昔より、大晦日の夜から元旦にかけて参拝することを”二年参り”といい、高い功徳を積むことができ、縁起がいいといわれています。

そのため、真冬の寒空の下、積極的に神社へ出向く人が非常に多いのです。ですが、 ただ神社へ行くだけでは、参拝をしたとはいえません。初詣にもマナーがあるんです!

今回は、日本の美しい女性として、知らないと恥ずかしい初詣の参拝マナーについてお話していきます。

 

■1:鳥居をくぐるときは帽子を脱ぎ、服装を正して一礼する

神社やお寺は神聖な場所です。きちんと身なりを正してから中に入るようにしましょう。

 

■2:境内に入ったら端を歩く

参道の中央は、神様の通り道(正中)なので、端を歩くようにしましょう。

 

■3:本殿に向かう前に手水でお清め

参拝前に手水を使い、身を清めましょう。その方法は下記のとおり。

(1)右手で柄杓を持ち、水を汲み左手を清める

(2)柄杓を左手に持ち替え、右手を清める

(3)さらに柄杓を右手に持ち替え、左手に水をため、口をすすぐ

(4)最後に柄杓の柄を洗い、立てかける

 

■4:正しい参拝方法

拝殿前に来たら、心静かに参拝しましょう。

(1)一礼する

(2)自分の気持ちに見合った額のお賽銭を入れる

(3)鈴を2、3回鳴らす

(4)二礼二拍手をする・・・この拍手は、願いを叶えるために神様を呼び出したり、邪気を払うためなどの諸説があるので、大きないい音を出すようにしましょう。

(5)合掌して祈願

(6)最後に一礼

お寺を参拝するときは、鐘をつき、お賽銭をおさめてから合掌します。このときに、決して手は叩かないように! 

 

■5:帰宅時に鳥居をくぐるときは、振り返り一礼する

 

いざ初詣に行っても、マナーがわからず隣の人を見たり、キョロキョロするのはちょっと恥ずかしいですよね。今年こそは、参拝マナーをしっかり覚え、これまでとは違う厳かな新年を迎えてみてはいかがでしょうか。

 

【マナー特集】

道の真ん中は歩いちゃダメ?意外と知らない「正月マナー」

※ お歳暮で「女子力スゲー!」と思われるためのマナー8つ

外国人が「これは知らなかった」と思う日本の細かいマナーTOP10【前編】

外国人が「これは知らなかった」と思う日本の細かいマナーTOP10【前編】

悪態つくのがマナー!? 世界の奇妙なテーブルマナー11個