ちゃんとできていないと感染する!正しいマスクの使い方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノロウイルス・マイコプラズマ肺・RSウイルス・インフルエンザ。今年は身近な人が感染病で倒れたという経験をされた方も多かったのでは? というのも、佐賀県では例年より1ヶ月早くインフルエンザの流行期に入るなど、早い段階からの感染流行が懸念されていました。

そこでエーザイ株式会社では、マスクを日常的に使用している全国の12歳以上の男女310名を対象に、マスクに関する意識・実態調査を実施。

残念なことに73%がマスクを正しく使用できていないことが明らかに! 活用すれば万病の元を防ぐ強い味方なのに、もったいないですよね。

今回は正しいマスクの使い方をご紹介します。

 

■マスクの実態調査

広島大学大学院医歯薬保健学研究院の坂口剛正教授監修のもと、インターネットで行われた意識調査では、感染症に対する予防意識が高い人は85%。そのうち97.1%の人がマスクの着用は感染症予防に有効だと思っていることがわかりました。

しかし予防意識が高い反面、73%もの人が正しいマスク着用ができていないとのこと。また、6人に1人が二日以上同じマスクを使っているということもわかりました。

一日使ったマスクは取り替えるのが望ましいです。何故なら、ウィルスから守ってくれるフィルターには病原体がたくさんついています。次の日もそのまま使っているとそこに触れてしまい、かえって感染する原因になることもあるからです。

よって、マスクを外した後や食事前の手洗いは欠かさないようにしてください。

 

■正しいマスクの使い方

意外と知られていない、“正しいマスクの使い方”は以下の通り。ひとつでもできてないと、効力が弱まってしまうので、注意してくださいね。

<(1)鼻、口、顎を覆うようにマスクを装着する

(2)鼻の部分を抑えてフィットさせ、隙間がないように装着する

(3)使用中、口周りを覆うフィルター部分は触らない

(4)フィルター部分の表面に触れないようゴムひもを持って顔から外す

(5)マスクを外した後は手を洗う

(6)一日1枚で取り替え、二日以上は使用しない>

なぜ鼻・口・顎を覆うようにするのかというと、それは飛沫感染を防ぐためです。鼻と口から空気の漏れを無くすよう、ウイルスの侵入経路を塞ぐ意識でつけましょう。

また、女性なのに男性用を付けている方は、すぐにやめてください。女性用・男性用などで、マスクが分かれているのは、顔の凹凸に合わせる方が効果的だからです。

隙間ができやすくなると効果が半減するので、合わないマスクは使わないようにましょう。

 

ご自身はきちんと使用できていましたか? 着用前にスプレーすることで、ウィルスの付着を防ぐグッズなどもでています。ドラッグストアに寄った際はマスクコーナーも覗いてみてくださいね。

 

【風邪シリーズ】

※ もう薬はいらない!? 風邪が吹き飛ぶ「究極テク」まとめ

※ この冬に知っておくべき「風邪にいい」黄金ドリンクまとめ【前編】

※ この冬に知っておくべき「風邪にいい」黄金ドリンクまとめ【後編】

※ 実はこんなにあった!風邪にいい「身近な食べ物」まとめ

※ これで風邪に負けない!免疫力をグンと高める方法3つ

 

【参考】

クリスタルヴェール(R)マスク防菌24 – エーザイ株式会社

年末年始に感染症が流行の兆し!マスクに関する意識・実態調査 – エーザイ株式会社