「老けて見られないため」にチェックすべきポイント28個

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、あなたが実際の年齢以上に見られたとしたら、その原因は一体何でしょうか?

人それぞれに個性があるように、老けてみられるポイントもさまざま。むやみやたらとお手入れしたところで、自分が本当に気になっているポイントでなかったとしたら、その効果を実感することは難しいでしょう。まずは自分の“老けポイント”をしっかりチェックし、自分自身を知ることが重要なのです。

そこで今回は、気になりやすい老けポイントを一覧にしてみました。必要なのは、鏡だけ。ひとつひとつチェックして、あなたの老けポイントを確認してみましょう。

 

■頭部

前や横など、鏡で確認しやすい箇所はいいですが、後や頭頂部はどうでしょうか? 鏡を2つ使用するなどして、チェックしてみましょう。

(1)髪が細くなり、ハリがなくなっている

(2)白髪が増えている

(3)髪が薄くなっている

(4)頭皮が硬くなっている

もし気になる箇所があるなら、食事やシャンプーを見直してみましょう。

 

■顔

全身の中で、女性にとって最も気になるのが顔。なので、チェックポイントも他の箇所よりも多めです。

(1)肌が乾燥してハリがなくなっている

(2)毛穴が目立っている

(3)額、目元、口元を中心にシミ、シワが増えている

(4)ほうれい線ができている

(5)目にクマができている

(6)瞼が下がっている

(7)視力が下がっている

(8)唇のボリュームがなくなっている

(9)何年も同じメイクをしている

顔は、ほとんどいつも外気にさらされているため、季節の変化に一番敏感に反応しやすい箇所です。冬の乾燥で肌のハリや潤いが気になったら、酵母を原料とした良質の化粧品などを使用してみるといった、その時々の自分の状態にあったケアをしてあげましょう。

 

■身体

目にとまりやすい顔につい気がいってしまい、身体にまではなかなかお手入れが行き届かないもの。いつの間にか背中にシミができてしまっていることも…… 。

(1)首にシワやシミができている

(2)胴まわりに脂肪がつきやすくなっている

(3)胸が垂れている

(4)猫背になっている

(5)お尻の肉が垂れている

年齢とともに代謝も落ちるため、とくに脂肪やたるみが気になりますよね。食事や運動も、自分の年齢にあわせて見直す機会を作りましょう。

 

■手足

毎日酷使している手足。労わりの心をもってチェックしてあげましょう。

(1)肘、膝、踵が硬化している

(2)セルライトができている

(3)腕や太ももが垂れている

(4)手足の甲に、シワ、シミができている

(5)爪にシワができたり、硬化したりしている

「手の甲を見たら実年齢がわかる」と言われるように、意外と周囲の人から見られやすい箇所もあります。まめにクリームを塗るといったケアを怠らないようにしましょう。

 

■身のまわり

あなたを老けて見えさせている原因は、顔や身体だけではありません。普段、身に着けているものはどうでしょうか?

(1)暗めの色の服が多くなっている

(2)昔流行ったシルエットの服を着ている

(3)機能性だけを重視した服や靴を選んでいる

(4)下着や靴下は適当に選んでいる

(5)今の流行に関心がなくなっている

 

時間の流れに逆らうことはできませんが、その時々の自分にあったケアはできるもの。仕事や家事の忙しさから、自分の変化に気がつかず、気づいたときには既に手遅れになってしまっていることも。

週に一度でも、少し時間をとって、定期的に自分の変化をチェックし、見直す習慣をつけましょう。

 

【参考】

今やらないと10年後に後悔する!老け顔を卒業する方法