超簡単!おうちでぬくぬくしながら美人になる方法2つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月はこたつでぬくぬくしながら、食べたり、TVを観たり。一年で一番ゆっくりできるときですよね。なかには、ひたすら寝正月という方もいるかもしれません。

その反面、気の緩みが美容面に悪影響をもたらすことも……! 食べ過ぎたり、運動不足から罪悪感に苛まれたりすることもありますよね。

そこで今回は、ゆっくりするほどキレイになれちゃう! おうちでのんびりを利用した“お手軽美容法”をご紹介します。

 

■1:こたつでローションパック

この時期、特に乾燥しがちな脚。粉を吹いたり、ひび割れたりしてはいませんか?

いつもより丁寧なボディケア&こたつの熱で、見違えるほど美しい脚を手に入れることができるのです!

(1) ボウルにお湯と化粧水を1:1の割合で入れ、1枚ずつ切り離したキッチンペーパーを浸して軽く絞る

(2) (1)のキッチンペーパーをつま先から、ももの付け根まで脚全体に巻きつけていく

(3) (2)の上から、さらにアルミホイルを巻きつけ、そのまま15分ほどこたつの中で蒸らす。やけどをしないように温度に注意!

(4) 15分経ったらアルミホイルとキッチンペーパーを外し、ボディクリームでしっかり保湿する。保湿しないとせっかくの水分が逃げてしまうので、必ずボディクリームで蓋をする

 

■2:甘酒の酒粕で美肌バス

お正月は、甘酒を手作りされる方も多いのではないのでしょうか。甘酒の素になる“酒粕”には、αグルコシルグリセロールという美肌、美白に有効な成分が多く含まれています。

甘酒作りで余った酒粕をお風呂に入れることで、簡単美肌バスの完成です。

(1) ガーゼタオルや使用済みストッキングに、たっぷりの酒粕を入れ、口をゴムで括る

(2) (1)を湯船に入れたら、軽くもみ出して成分を抽出させる

 

仕事始めの日、「ちょっと怠けてた?」なんて思われたら悲しいですよね。今年のお正月は、ゆっくりしながらキレイになる“スロービューテイー”を実践してみてはいかがでしょうか?

 

【入浴法シリーズ】

たった5分でOK!お風呂で痩せられる「ながら美容」4つ

たった5分でOK!お風呂で美人になれる「ながら美容」3つ

秋ドラマの主演女優も夢中!「美人になれる」入浴法4つ

※ 自宅で超簡単!岩盤浴のような「良い汗がかける」入浴法

※ お風呂がもっと楽しくなる!簡単に「疲れをとる」入浴法