本命には無理!? 「男がドン引きする」NGアクセサリー6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドレスアップに欠かせないものと言えば、アクセサリー。アクセサリーは、本来なら女性を美しく魅力的にみせてくれるものですよね。しかし、そのアクセサリーが、実は男性にドン引きされてしまう凶器になってしまうことがあるのです。

今回は、パーソナルスタイリストとして活躍している高田空人衣さんに、“男がドン引きするNGアクセサリー”について分析していただきました。

 

■1:尖ったスタッズ使いのバングル

スタッズ自体はOKなのですが、問題は数と尖り具合。角のように尖り、さらに靴でもなんでも全面にびっしりとついたタイプは、かなり恐いと男性から不評です。バングルはすれ違っただけでケガをしそうなイメージが強いため、より男性をドン引きさせてしまいます。

 

■2:宗教を匂わせる大きな異色パールネックレス

ボリュームのあるパール使いのネックレス自体は決して不評ではないのですが、問題は大きさと色。ひとつひとつのパーツがかなり大きめ、そして色もなんだか毒々しいネックレスは、「何かの宗教に入っているの?」と感じさせ、かなり怪しいと思われてしまうことも。

全体のトータルコーディネートに合っていたら、その怪しさも拭われるようですが、服に合っていないものだと余計に悪目立ちして、ドン引きされてしまうようです。

 

■3:2012年大流行のタトゥータイツ

今年大流行だったタトゥータイツは、実はかなり不評です。無地のヌーディーなストッキングやタイツの方が断然好評のよう。「なぜわざわざあんな気持ち悪い柄がついているのか」「それがなぜ女性の間では可愛いのか分からない」など、タトゥータイツのオシャレさは、全く男性には理解できないようですよ。

 

■4:鼻ピアス、ヘソピアス等耳以外のピアス

鼻やヘソ、口や舌など、耳以外についているピアスもかなりドン引きする模様。「化膿しないの?」という心配や、「きっと普通の仕事はしていないのだろうな」など、耳以外にしているピアスは、人としての品格ももはや問われてしまうようです。

また、耳のピアスなら何でも良いわけでもないよう。こちらも「何個穴が空いているんだ?」と思わせるような大量のピアスは、ドン引きの元ですのでご注意を。

 

■5:ゴツいデカい宝石がついたリング

その他、「いかにもお金を持っています」的な宝石付きのリングなども、男性の前での着用はご法度。手元は目に入りやすい分、ドン引き対象になりがちです。指という細くて小さいパーツゆえ、ゴツさを感じさせるものは成金を思わせるよう。

このタイプのリング、本物ではないイミテーションの宝石風リングをつける女性もいるかと思いますが、意中の男性と会うときは、勘違いを避けるためにあえてつけないほうが懸命ですね。

 

■6:大きな鎖、喜平モチーフのネックレス

「いかにも重そうだ」「肩が懲りそう」「それで首を絞められたら恐い」など、疲れや恐怖を感じさせるところが不評の理由です。1や2と同じように、凶器や恐怖を感じさせるものは、いくらおしゃれであっても見る男性によってはドン引き対象になります。

 

いかがでしたか? 男性はあくまで、さりげない華奢なもの、威圧感を感じさせない可愛らしいアクセサリーを好むようです。年末の大掃除で、お手持ちのアクセサリーが来年も必要なのか、見直してみるのをオススメします。自分を魅力的にみせてくれるはずのアクセサリーが、逆効果になってしまったら悲しいですから。

 

【NGファッション】

※ 着ているだけで「どんどん太っちゃう」NGファッション5つ

※ 男性にドン引きされる「忘年会でのNGファッション」5つ

※ 寝るときに着てはいけない「NGファッション」12パターン【前編】

※ 寝るときに着てはいけない「NGファッション」12パターン【後編】

※ 本気でヤバイ「オス化女子」にありがちなファッション5つ

 

【取材強力】

高田空人衣・・・パーソナルスタイリスト。一般男性女性専門ファッションスタイリスト。洋服の着こなし、着回し、組み合わせの仕方をお客様の私物で教える、ファッションコーディネート教室を運営。

結婚相談所最大手、株式会社IBJなど婚活市場で、婚活ファッションスタイリストとしても活躍。大手ファッション・美容専門学校でもファッションスタイリング講師を務め、テレビ東京『7スタLIVE』、NHK『女神ビジュアル』などテレビ出演 実績も多数。