すごいスッキリする!最強の「クローゼット整理術」6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年最後の行事といえば大掃除ですよね。皆さん、お掃除は進んでいますか?

キッチン・バスルーム・ベランダ・窓と、まさに体力勝負でもある大掃除ですが、新年を迎える前にぜひ見直しておきたいのがクローゼットです。私たち女性にとってクローゼットはある種、聖域のような、とても大切なスペースではないでしょうか。

そこで今回は、クローゼットを劇的に変える最強の整理術をお伝えします。

 

■1: 着ない服は思い切って処分する

タンスの肥やしになっている洋服はありませんか? 本当に好きなもの、定期的に着ている服はクローゼットに残し、「何年も着ていないけれど、いつか着るかもしれないし……」そんなふうに思う服は、思い切って処分しましょう。

 

■2:クローゼットに流れを

私たちの視線は、自然に右へと流れていきます。これを踏まえて、よく着るものをクローゼットの“右”に置いてみましょう。色別にまとめるのも、洗練されたクローゼット作りには重要です。明るい色から暗い色へキレイな色の流れを作ってみると、コーディネートする際に役立ちます。

 

■3:ハンガーを替えるだけで収納力アップ

クローゼットで意外にかさばるのが“ハンガー”ですよね。特にコートを掛けるハンガーは、通常のハンガーよりも大きく、その収納に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、通販などでよく見かける薄いハンガー、その名も『ダッチハンガー』です。

アメリカやヨーロッパでベストセラーなこのダッチハンガーは、驚くべき薄さと表面をベルベット仕上げにすることによって、滑りにくく収納力がアップするという、まさに一石二鳥なハンガーなのです。

服の量はそのままに、クローゼットの収納力が上がるのなら、ぜひ取り入れたいアイテムです。

 

■4:ストッキングや靴下類は区別化

穴あき、伝線してしまったものなど、修復不能なストッキングや片割れが行方不明の靴下は、すべて処分しましょう。新しく購入が必要なものはメモをして、冬のSALEで優先的にまとめ買いするとよいです。

ストッキングや靴下など、細々した小物類は区別がキーポイントです。ストッキング、タイツ、ハイソックス、靴下が一緒に収納されていると、忙しい朝困ったことになるかもしれません。

スペースがあれば、種類ごとに引き出しを分けましょう。また、まとめて収納する場合は、仕切りを使うとキレイに見やすく整理できます。

 

■5:靴の収納はひと手間加えて

シーズンが変わるごとに、靴箱からお目当てのものを探し回った経験はありませんか?

インスタントカメラやデジタルカメラで靴の写真を撮り、プリントした写真を靴箱の外側に貼ることで、どこに何があるのかが一目瞭然です。また、透明なシューズケースを利用するのもよいでしょう。

「限られた靴箱のスペースに対し、靴が入らない」なんて方は、一足分のスペースに二足分を収納することができる『靴収納ホルダー』がオススメです。

 

■6:クローゼットに照明をつけて印象アップ

クローゼットに照明を付けると明るい印象になるだけでなく、服や小物を選びやすくなります。電池式の照明なら、クローゼット内にコンセントがない場合でも、簡単に取り付けることができます。

 

いかがでしたか? これらを取り入れると、手持ちの服を改めて把握できるので、コーディネートの幅を広げるチャンスでもあります。開けるのが楽しみなクローゼットにしましょうね。

 

【部屋シリーズ】

※ もう汚い部屋にならない!掃除が楽しくなる簡単テク5つ

※ 部屋の中に溜まっている「嫌なニオイ」を撃退する方法5つ

※ 男性が「大事にする気をなくす」NGな女性の部屋8つ

※ あなたは大丈夫?犯罪に巻き込まれやすいNG部屋の特徴【チェック編】

※ あなたは大丈夫?犯罪に巻き込まれやすいNG部屋の特徴【対策編】