面倒くさがり屋さん必見!一瞬で「小顔」になれるテク5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「少しでも顔を小さく見せたい」「ほんのちょっとでも小顔と思われたい」、世の女性のほとんどがそう願っていることと思います。そして彼や好きな人とのデート、新しい人と出会う機会が多い年末年始なら、なおさらその思いも強いはず。

とはいっても、小顔への道はそう簡単ではありません。毎日のスキンケアに加えてマッサージやフェイササイズなどを行なわなくてはならず、忙しくて時間がない人や面倒くさがり屋さんには、なかなかハードルが高いですよね。

そこで今回はそんな諦めてしまった方でも挑戦できる、“一瞬でできる小顔テク”をご紹介。普段のへアメイクの際にこのテクを取り入れて、女友達から「あれ、顔痩せた?」と言わしめちゃいましょう。

 

■1:頭頂部にボリュームをもたせる

おでこより上の部分にボリュームをもたせると、顔がほっそりと長く見える効果が期待できます。作り方は至って簡単。毛先から根元までをコームでしごいて逆毛を立て、根元部分にヘアスプレーを吹きかけましょう。ただ盛り過ぎてしまうと逆効果になるので、あくまでも根元はナチュラルにふんわりと仕上げるように。

 

■2:濃いピンクや赤系のチーク、ハイライトのつけ過ぎはNG

濃いピンクや赤系のチークを頬骨に丸くいれるテクは、可愛いイメージを演出してくれますが、頬骨の丸い印象が浮き彫りになり顔全体が膨張して見えるので、小顔テクとしては逆効果。なので、チークは主張の激しくないナチュラルカラーを頬骨からこめかみに向けてサッと入れ、シャープな印象を与えましょう。

さらにハイライトをおでこ、目の下、あごなどに広くつけ過ぎると、照明がその部分を反射させて普段より大きい顔に見せてしまうので、シアーな肌作りを心がけましょう。

 

■3:前髪を斜めに流す

頬骨に沿うように前髪を斜めに流すと、単純に顔の面積が小さくなるほか、頬骨が縦長に見えるのでほっそりとした小顔効果が望めます。前髪が短い方は後ろの髪を前方に持ってきてトライしてみましょう。

 

■4:ヘア全体のボリュームは抑える

ゆったりとしたラインよりも、ピタっとフィットしたラインの洋服を着る方が、痩せているように見えますよね? それと同様の事がヘアスタイルにも言えます。

ボリューミーなヘアスタイルの上に、頬骨辺りを完全に見せてしまっていると顔が大きく見えてしまいます。できるだけヘア全体のボリュームは抑え、さらに髪は頬にかかるようにしましょう。アップにする際もおくれ毛で頬の周りをカバーしてみて下さい。

 

■5:頬骨を強調させる

フェイスラインにブラウン系のシャドーを入れるのは小顔テクのひとつですが、もうひとつチョイ足しとしてオススメなのが頬骨下のシャドーです。まず肌全体を透明パウダーで仕上げ、頬骨の下にシャドーを入れなじませます。頬骨下に影が生まれることで、スッキリした印象をもたらしてくれます。

また二重あごに悩む方はあご下にシャドーを入れると、これもまたスッキリ見えますよ。

 

いかがでしたか? 実は小顔テクは“頬骨辺りが鍵”であることが分かったのではないでしょうか。最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れてくれば簡単! 是非トライしてみて下さいね。

 

【小顔になるテク】

少しの手間でできる!理想の「小顔」を手に入れるコツ5つ

※ 使うのは手だけ!顔がシュッと引き締まる簡単テク4つ

※ 鏡を見てビックリ!スッキリ小顔になれる究極の裏技2つ

※ これで必ず二重あごを撃退できる!「顔の筋トレ」3つ

※ 顔が大きくなっちゃう原因はコレ!危険な「顔の歪み」診断