男性から熱い視線を浴びちゃう!巨乳になれる食べ物4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“バストアップによい食べ物”といえば、何を思い浮かべますか? 『美レンジャー』では、これまでにバストアップによいと言われている食べ物をいくつか取り上げてきました。

今回はそれらの食べ物と、なぜその食べ物がバストアップによいのかを、わかりやすくまとめてご説明します。

女性が女性らしい体つきになるために必要なものといえば、“女性ホルモン”ですよね。この女性ホルモンのひとつで、子宮の発育や乳腺の発達などを促すのが“エストロゲン”です。

バストは脂肪と乳腺でできているため、この“エストロゲン”の作用を促す食べ物を効率よく体内に取り込むことが、バストアップさせるためのポイントとなるのです。

では、その女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの作用を食べ物の力を借りて促すには、どういった食べ物を摂ればよいのでしょうか?

 

■1:大豆食品(大豆イソフラボン)

ご存知のとおり、大豆に含まれる“大豆イソフラボン”は、女性ホルモンと似た作用があることで有名です。なぜなら、“大豆イソフラボン”の化学構造がエストロゲンに似ているからだそうです。その効き目も穏やかで、自然に作用してくれます。

さらに、大豆食品は日本人に不足しがちなカルシウムも豊富なので、女性にとってはとても頼もしい食品です。納豆やお味噌、豆腐など、大豆を原料とした食べ物は多く、その調理法も無数にあるので、毎日の食事にも取り入れやすいですね。

 

■2:キャベツ(ボロン)

キャベツがバストアップにいいなんてちょっと意外な気もしますが、このキャベツに含まれている“ボロン”という成分には、エストロゲンの分泌を促し、血中濃度を上昇させるという驚きの作用があるのです。

大豆食品と一緒に摂れば、心強いサポート役に。カロリーも低くヘルシーで、食物繊維も多いので、しっかり食べておきましょう。

 

■3:ザクロ(エストロゲン)

ザクロは“不老長寿の妙薬”や“生命の果実”と呼ばれ、昔から健康や美容によいとされています。そして、ザクロの種には、人の体内で合成されているエストロゲンと科学構造が同じエストロゲンが含まれているのだそうです。

また、ザクロには、抗酸化作用があるポリフェノールやビタミンCも含まれているため、老化防止や生活習慣病の予防にも効果があります。

 

■4:マグロ(たんぱく質)

たんぱく質は、骨、筋肉、皮膚、毛髪、血液、など、身体の様々なものを構成している、無くてはならないものです。また、たんぱく質はアミノ酸で構成されており、女性ホルモンを活性化する役目もあるのです。普段から、できるだけ良質のたんぱく質を摂っておきたいですね。

たんぱく質は、牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類、卵、乳製品、豆類といった食べ物に多く含まれますが、中でもおすすめなのがマグロです。マグロにはアミノ酸がバランスよく含まれていて、体内では作られない必須アミノ酸も含まれています。

また、美容にいいビタミンEや不飽和脂肪酸が豊富なアボカドや、ベータカロチン・リコピンを多く含む緑黄色野菜とも相性がよいので、意外といろんな調理法があります。カロリーが気になる人は、脂身の少ない赤身を選びましょう。

 

いかがでしたか? 今回ご紹介した食べ物は、バストアップだけでなく健康や美容にもいいものばかりです。食事で摂取すれば、吸収力も高まると聞きます。サプリメントなどの手を借りる前に、普段の食事でちゃんと摂取して、バストアップを目指してみませんか?

 

【参考】

※ 「唐揚げで巨乳」は嘘!? 本当に胸が大きくなる食べ物まとめ

※ なんとアノ平山あやさんは「キャベツで豊胸」していた!?【前編】

※ なんとアノ平山あやさんは「キャベツで豊胸」していた!?【後編】

※ バストアップには食べ物より「飲むザクロ」がいいと判明

※ 食べるだけで胸が大きくなる!超簡単ハワイ式の丼ごはん