危険!美しくなるどころか「逆にブス化する」NG美容6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キレイになりたくて、せっかくケアを頑張っているのに、それが逆効果だったらショックですよね……。自分では良かれと思って続けている美容法が、実は間違っている場合も珍しくはありません。

そこで、今回は普段やりがちですが、実は今すぐストップしないと危険なNG美容法を検証していきます。

 

■1:体をゴシゴシ洗う

普段、体をどのように洗っていますか? あかすり用のタオルやナイロンタオルでゴシゴシ洗っているのであれば、それはNG! 継続的なゴシゴシ洗いによって敏感肌になってしまったり、乾燥を招いたりするケースがあります。

肌の汚れを落とすことは大切ですが、必要以上に皮脂を落としてしまうのは禁物。日焼け前後の肌も傷つけてしまいがちなので、十分注意してくださいね。

超危険!肌の乾燥を加速させている“三大NG行為”とは?」でもありますが、もちろん顔のスキンケアでもゴシゴシ洗いはNG行動ですよ。

 

■2:日中、ミスト化粧水を多用する

日中のオフィスで「肌の乾燥が気になるたびに、ミスト状の化粧水をシュッとつける」というアナタは要注意!

乾燥注意!働き女子の“日中保湿”は化粧水より●●が正解 」でも語られているように、保湿は化粧水をたっぷり塗れば良いと思っていたら、それは大きな間違いです。化粧水は成分のほとんどが水分なので、最後にしっかりと油分でフタをしないと、水分が蒸発することでさらなる乾燥を招いてしまいます。

 

■3:「熱い!」と感じるお風呂に入る

寒い季節には、熱いお風呂に入りたくなりますよね。しかし、「これは衝撃!東京の冬は砂漠並みの乾燥だと判明…冬の肌トラブルを防ぐ5つのポイント」でも紹介されているように、熱すぎるお湯は肌への刺激が強く、かゆみの原因となってしまいます。

また、肌の保湿成分である脂分を急速に奪うため、乾燥肌の大きな要因にも! 肌の乾燥を防くには、ぬるめのお湯(38~41℃程度)がオススメです。

 

■4:長時間、半身浴をする

美容やダイエットのために、じっくり湯船に浸かって半身浴をしている方もいるのではないでしょうか? 半身浴は、健康・美容・ダイエットにも良いと言われていますよね。

しかし、「驚愕の事実が判明…実は“半身浴で痩せる”は嘘だった!? 」でも言及していますが、半身浴をしている間に肩や首が意外に冷えてしまうことを忘れてはいけません。

そこで、半身浴を行うときは、首から肩に乾いたタオルをかけておくなど、上半身を冷やさない工夫が大切です。また、長時間の入浴は体から大量の水分を奪って乾燥肌を招きやすいので、ほどほどの長さにしてくださいね。

 

■5:カミソリや毛抜きでムダ毛処理を頻繁に行う

『美レンジャー』でも、毎回人気の記事が”ムダ毛”について。「男性に“頼むから剃ってくれ!”と思われている部位は?」など、男性からどう見られているかという点も気になるところです。

しかし、ムダ毛の”自己処理”は、できるだけ早いうちに卒業したほうがいいもの。

とくに、カミソリや毛抜きなどによるムダ毛処理を頻繁に行うには、最新の注意が必要です。鳥肌のようになってしまったブツブツ肌や毛穴に悩んでいる人の共通点は、カミソリ+毛抜きという自己処理を長年続けてきた人たち。

どうしても、プロにお任せするのではなく自己処理をしたいという方は、前述の記事のように電気シェーバーなどを使うという手もありますし、もう一度、自分のムダ毛処理の方法を見直してみるのをオススメします。

 

■6:シートマスクを長時間つけっぱなしにする

以前、「リッチなのはどれ?女性が“贅沢”を感じるケア1位とは 」でも、乾燥から肌をレスキューしてくれるスペシャルアイテムとして人気の高いシートマスク。最近は様々なメーカーからマスクが発売されていますし、安価なものも増えたので、身近になったのではないでしょうか? 

しかし、シートマスクを貼ってから長時間放置するのは逆効果! せっかく肌に入り込んだ水分がまたシートに吸収され、水分が蒸発して乾燥を招く恐れもあるのです。各商品の目安の使用時間を守るように説明書きをチェックしてくださいね。

また、マスクに水分が残ってもったいなさを感じる場合は、長時間置くのではなく、デコルテや腕などほかのパーツになじませましょう。

 

いかがでしたか? 年末こそもう一度今までの美容法を見直して、新年に向けて肌ダメージを一掃していきたいですね!