ういろうは1位じゃない!名古屋の「人気お土産」トップ5

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始に名古屋に帰られる方、旅行に行かれる方、いらっしゃるのではないでしょうか。行ったときにはお土産を買う方が多いかと思いますが、何がいいか迷っちゃいますよね。

今回は、JR東海のサイト『Shupo(シュポ)』より、名古屋の人気お土産ランキングと、美容意識の高い方に贈る際の注意点をお伝えします。

 

■5位:『なごや嬢』

以前、髪をくるくるに巻いてトップを盛った名古屋のギャルを指す、“名古屋嬢”という言葉が流行りましたよね。『なごや嬢』は、1つずつピンクの包みに入った、クーベルチュールチョコをクッキーではさんだ焼き菓子。くるくる盛り盛りヘアの名古屋嬢のイメージとは異なり、上品で深みのある甘みがたまらないお菓子です。

こちらは1つずつ梱包されているので配りやすくてよい反面、カロリーは高め。ダイエット中の方に贈るのは避けた方が無難でしょう。

 

■4位:『青柳ういろうひとくち』

『青柳ういろう』は、名古屋大須の老舗和菓子屋である青柳総本舗のういろう。普通のういろうは、15cm程度長さのあるものですが、『青柳ういろうひとくち』は、一口サイズになっています。

過去の記事「“名古屋グルメを食べると老けにくくなる”超意外な理由」でもご紹介しましたが、ういろうは和菓子の中でもカロリーの低いお菓子。満腹感もあり、『青柳ういろうひとくち』なら、一口サイズなので食べ過ぎも防ぐことができるので、ダイエット中の方におすすめです。

 

■3位:『ひつまぶしの里茶漬け』

名古屋名物のひつまぶしは、最初は鰻丼のようにいただき、次に薬味をのせ、最後はダシをかけてお茶漬けのようにいただきます。その最後の食べ方を、お湯をかけるだけで味わえるのが『ひつまぶしの里茶漬け』。

ひつまぶしに入っている鰻は、抗酸化力の高い食材。オレイン酸やビタミンAなどが豊富です。また昆布やカツオから取ったダシや、海苔・ネギなどの薬味をかけるので、ビタミン・ミネラルも摂取できます。

『ひつまぶしの里茶漬け』は簡単に作れるので、忙しいけど美意識は高い方に贈ると喜ばれますよ。

 

■2位:『半生ざるきしめん』

つゆも付属の『半生ざるきしめん』。ネギや大葉、わさびを入れれば、本格的な名古屋きしめんが楽しめます。

しかし、きしめんを含む麺類は、意外に高カロリー。麺だけで、1人分あたり300キロカロリー以上あります。ご飯1膳が200キロカロリー程度ですから、あなどれませんよね。ダイエット中の方に贈るのは避けた方が無難でしょう。

 

■1位:『うみぁーっ手羽 しょうゆ味』

やはり手羽先は大人気ですね。昆布だしでじっくり炊き上げた『うみぁーっ手羽 しょうゆ味』は、やわらかく、味がしみ込んでいて美味!

手羽先にはコラーゲンがいっぱいなので、美肌を目指す方にはぴったりです。しかし『うみぁーっ手羽 しょうゆ味』は、味が濃いめ。ご飯やお酒のお供に最適ですが、ご飯もお酒も進みがちなので注意しましょう。塩分が気になる方に贈るのも避けた方がよいでしょう。

 

いかがでしたか? お土産は相手に喜ばれるものを選びたいですよね。とくに女性には、美容を意識したお土産が喜ばれます。ぜひ名古屋に行ったら、上記を参考に、ダイエット・美容面を考慮してお土産選びをしてみてくださいね。

 

【都道府県シリーズ】

「秋田に美人が多い理由」睡眠時間も関係していると判明

知らない人には斬新すぎる…日本全国の奇妙な味噌汁5つ

※ なんと日本三大「腸内美人」県が青森・栃木・大分に決定!

※ 昨日までの自分よりキレイになれる岐阜県の楽しみ方4つ

※ 「名古屋グルメを食べると老けにくくなる」超意外な理由

 

【参考】

おみやげ探しin 名古屋・駅ナカ – Shupo