着ているだけで「どんどん太っちゃう」NGファッション5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『美レンジャー』をご覧のみなさんは、おしゃれに気をつかう方が多いことと思います。モテファッションかどうか、同性ウケもよいか、古いファッションになっていないか……。いろいろ考えちゃいますよね。

でも、おしゃれでかわいくても、着ていると太りやすいファッションがあるのをご存知でしょうか。今回は、注意しないと気づかぬうちにどんどん太ってしまう、危険なファッションを5つご紹介します。普段こんなファッションをしていないか、チェックしてみてください!

 

■1:ワンピースばかり着る

モテの王道とでも言いましょうか、ワンピースは女子度も高く男性に人気。コーディネートも比較的しやすいファッションですよね。

でも、ワンピースばかりを好んで来ていると、知らぬ間に数キロ太ってしまうことも! なぜなら、ワンピースはお腹周りがゆったりしているため、少しずつ大きくなっているウエストサイズに気づかないのです。

ワンピースを着るのなら体重を毎日測ったり、マメにご自分のウエストサイズをチェックしてくださいね。

 

■2:パンツを全く履かない

スカート派の女性も多いかと思います。でも、久しぶりに履いたデニムが、きつかったという経験はありませんか?

パンツをずっと履いていないと、お尻が大きくなったり垂れたり、脚が太くなっていることに気づきにくく、かなり太ってしまってから気づくことも少なくないのです。

モデルは自分のボディサイズを、足首、ふくらはぎ、太もも、ヒップ、ウエスト、バスト、首回り、手首、腕、二の腕と細かく分けて頻繁に計っている方も多く、意識の高さが一般人とは違います。

そこまでやれなくても、たまにパンツを履くことで、ある程度は自分のサイズ変化に敏感になることができます。スカート派の方も、週に1度、2週間に1度など、パンツデーも作ってみてくださいね。

 

■3:トップスがゆったり系

ふんわり、ゆったり系のトップスは、やわらかく癒し系に見えるだけでなく、動きやすくていいですよね。

でも、ゆったりなトップスも、上記と同様に太り始めていることに気づきにくいのです。それに対して、毎日シャツを着る女性は、やはり多少の体型変化にも敏感に気づくことができます。

普段ふんわり、ゆったり系ファッションの方が、時折シャツスタイルも取り入れると、周りの男性も「今日は何か違うね」と興味を持ってくれること間違いなしです!

 

■4:冬も生足でがんばる

 「男性は生足の方が好きっていうし」「ストッキングはダサいし」……そう思って冬も生足でがんばっている方、その心配は不要です。

パンストブランド、アスティーグの「男女のホンネ一斉調査」によると、ストッキングに好感を持つ男性は44.0%であり、恋愛に積極的な男性での統計では、ストッキング派は63.4%という結果に!

無理にがんばらなくても、男性のストッキング支持は上がっていますし、今年は柄ストッキングも流行っています。生足は体を冷やしてしまい、代謝を悪くするので、太りやすい体質をつくる大きな原因の1つ。「ストッキングはダサい」は、もう古いですよ。

 

■5:ブーツばかり履く

実は、ブーツが冷えの原因になり、代謝を悪くするのをご存知でしょうか。「そんなまさか…毎日はいてる●●が”冷え”の原因に!?」でも紹介されているように、足首を固定するブーツは血行を悪くし、通気性も悪いので汗が冷えやすくなります。

ブーツは足元があったかく感じられるイメージが強いのですが、意外にも冷えを進行させ、太りやすい体質に変えてしまうものなのです。ブーツばかり履くのは避け、ブーツを履くときは、1時間に1回は足首を回す運動をしたり、ブーツの中を1日数回換気するなどの工夫をしましょう。

 

いかがでしたか? 体型の変化を見逃したり代謝を悪くしがちなファッションは、気づかぬうちに太りがちです。ぜひ上記の点に気をつけてみてくださいね。

 

【NGファッション】

※ 男性にドン引きされる「忘年会でのNGファッション」5つ

寝るときに着てはいけない「NGファッション」12パターン【前編】

※ 寝るときに着てはいけない「NGファッション」12パターン【後編】

※ 本気でヤバイ「オス化女子」にありがちなファッション5つ

 

【参考】

男女のホンネ一斉調査 – ASTIGU