これでイライラを撃退!ストレスを軽減する食べ物10個

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栄養豊富な滋養のある食べ物が、体だけでなく心にも影響するということが分かってきました。

ストレスなしでしなやかな生き方をするためには、ちゃんとした食事が欠かせません。滋養のあるものを食べていると、ストレスによる被害は少なくて済みますし、反対にジャンクな食生活をすると一気にストレス被害は上昇してしまうものです。 

では、一体何を食べるとストレスが減るのでしょうか? 薬草や手に入りにくい高級な食材だけではありません。イギリスのストレス専門サイト『Stress-Relief-Choices.com』よると、身近な食べ物にもストレスを緩和する働きあるものが多く存在するとのこと。

以下の食べ物を、食事や残業のおともに取り入れて、ストレス被害を食い止めましょう。

 

■1:バナナ

バナナは本当にマジカルと言っていいほど、簡単にエネルギーアップさせてくれる食べ物。なんだか低調だなという時、そして特に午後からの活力がほしい時に、バナナを食べてみてください。

 

■2:ナッツ

ストレスを感じた時や眠気が襲ってきた時に、ナッツ&レーズンを食べてやり過ごすのも良い方法。

 

■3:キヌア

キヌアは南米原産の雑穀の一種で、他の雑穀と比べてタンパク質とアミノ酸を多く含み、糖質が少ないのが特徴です。日本ではお米に混ぜて炊くのが一般的。アミノ酸の多いキヌアは、食生活が乱れた時の体調不良によく効きます。

 

■4:玄米

玄米には1日を通して活力を与えてくれる、複合炭水化物が含まれています。ストレスの多い状況で、高いエネルギーレベルを保つのにぴったりの食品。

 

■5:フルーツ

ストレス被害を減らす食べ物としてもフルーツは優秀。「ビタミンやミネラルを多く含むフルーツは、多忙な職場で健康を維持するのに適した食べ物」だそうです。

 

■6:ジンジャーティー

「親指大の生姜を150ccの水で煮立てて、5-10分煮ます。甘みをつけるのには、黒砂糖を使いまます」

筆者はイギリスの医師からこの生姜湯のようなジンジャーティーを教えてもらったそう。ジンジャーティーは胃の不調や風邪などによく効きます。

 

■7:ポリッジ

ポリッジは、水または牛乳でオートミールを煮た、英米版おかゆ。たんぱく質が豊富なポリッジはストレスを和らげる効果があり、1日を始める朝食にぴったりです。身体を温めてくれますし、しっかりした栄養でおなかとエネルギーを保ってくれます。

 

■8:熱い白湯

イギリス人の筆者が修道院で学んだ方法で、著名なダライ・ラマも定期的に行っているのだとか。熱湯をカップに注ぎ、少しさましたものを飲むだけ。リラックスさせて身体をきれいにする効果があります。胃のむかつきにもよく効きます。

 

■9:野菜

ビタミンとミネラルが豊富や野菜は、まさに「ストレス被害を減らす」食べ物そのもの!

 

■10:スティックサラダ

ストレスで疲れた胃をいたわる時には、レタス、きゅうり、トマト、にんじんスティックのサラダをどうぞ。

 

いかがでしたか? ストレスで消費されやすいビタミン類を取りつつ、負担がかかった胃腸をいたわることがポイントですね。ストレスを感じやすい年末年始は、こんなアイデアを取り入れてみるといいかもしれません。

 

【ストレス対策】

※ 読むだけでストレスが激減?読書の意外なメリット4つ

※ 知らないと危険!ストレスを倍増させちゃうNG習慣5つ

※ ストレスとサヨナラ!満員電車を快適に乗る4つの方法

※ 絶対にしちゃダメ!体に悪影響を及ぼすNGストレス解消法

※ イライラモードから脱して幸せになれる超簡単な方法5つ

 

【参考】

※ Stress Relief Food – Stress-Relief-Choices.com