気を付けないと危険!急増するスマホ依存症の症状9つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便利で欠かせない存在となったスマホにも、実は依存症の危険が潜んでいます。“便利だから頻繁に使うこと”と“依存症”の境目って、どこにあるのでしょうか。依存症治療のプロの意見を聞いてみましょう。 

それでは、アメリカのニュースサイト『CIOInsight』から、“スマホ依存症”の9つの症状をご紹介します。多くの項目が当てはままり、さらにそれが長期間続くようなら、あなたは立派なスマホ依存症かもしれません。 

 

■1:運転中でもスマホを使ってしまう   

青信号で発車が遅い車や妙にゆっくり運転している車をみると、運転者がスマホをいじりながら運転していることがあります。

「飲酒運転や、麻薬を使用しての運転と同じです」と臨床心理士でカリフォルニア州立大学のラマニ・ダルバスラ教授は警告しています。危険なので周りも要注意です。

 

■2:制限時間を守れない

今日は30分だけスマホをチェックしよう、と制限時間を設けても、それ以上の時間をスマホ使用に費やしてしまい、自分の意志でやめられないとしたら、依存症の危険があるかも。

 

■3:親しい人との集まりでもスマホを使ってしまう

友達や家族との食事の席でスマホをのぞきこんでばかりの人、いますよね。友達や家族があきれて声をかけてくることはありませんか? 

 

■4:禁断症状がある

スマホがない環境にいると、まるで禁断症状のようになってしまう。たとえばそれが、大事な会議の最中であったとしても、です。 

もし目の前のことに集中できないとしたら、それはスマホ依存症かもしれません。

 

■5:サッカーの試合よりも文字入力をしてしまう

例えばサッカーの試合を見ていても、SNSへの投稿やメールをするために、文字入力に夢中になってしまう。そして試合一番の見どころを見逃してしまう結果に……。

 

■6:風呂もトイレもスマホと一緒

どこに行くにもスマホと一緒。風呂もトイレも、ジムで運動するのも、寝るのも一緒。これはかなりの確率でスマホ依存症です。

 

■7:スマホがないと強烈な不安に襲われる

たまたまスマホが見あたらないと、急激に動揺したり、強烈な不安に襲われたり……。それはスマホ依存症かもしれません。

 

■8:いつもスマホがON

夜寝る直前にスマホチェック。そして朝一番、目覚めてすぐのスマホチェックで1日が始まるとしたら、依存症の危険があります。

 

■9:リアルな交流がなくなる

仕事でもないのに、自分のすることなすことすべてをFacebookやTwitterに書きこむ人、いますよね。その結果、リアルな交流や人間関係がなくなりつつあるとしたら、それはスマホ依存症かもしれません。

 

いかがでしたか? いくらスマホが便利で面白くても、人間関係や交流を広げたり、深めたりするための時間を削っているとしたら、なんだか本末転倒ですね。ついつい、いじってしまうスマホですが、実は危険な依存症の兆候かもしれませんよ。

 

【スマホ特集】

※ 気になる彼との距離がグッと縮まる最強のテクが判明!

※ 気を付けないと危険!急増するスマホ依存症の症状9つ

※ 見直さないとみんなに嫌われる!スマホのNGマナー10個

※ 危険だから絶対にやめて!NGな携帯電話&スマホの使い方

※ 恐怖!身の毛もよだつ「スマートフォン依存症」の実態

 

【参考】

※ Smartphone Addiction: Nine Telltale Signs – CIOInsight