パーティーで「女子力低っ!」と思われるNGマナー10個【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この季節、イルミネーションが輝き、街を彩っていますね。今月は、クリスマスパーティーを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。「どんなドレスを着ようか」「友人との再会が楽しみ」「食事が楽しみ」……何だかウキウキ、ワクワクしますよね。

そんな中、「楽しみだけど立食パーティーのマナーに自信がない」と、いう方もいらしゃるのではないでしょうか。今回は、この時期だからこそ身に付けたい、“立食パーティーで女子力が低いと思われる食事のNGマナーを10個”ご紹介します。

 

■1:料理テーブルの前で食べる!?

「何度も料理を取りに、行ったり来たりするのは面倒だから」と、料理テーブルの前で食べていませんか? これはNGです。 何度も取りに行くのは、恥ずかしい事ではありません。面倒だと思わず、料理を取りたい方の邪魔にならないように、必ず少し離れたところで食べてください。

 

■2:一皿に温かい料理と冷たい料理を一緒にたくさん盛り付ける!?

これもNGです! 作ってくださった方の気持ちも大切にしましょう。つまり、おいしく頂くために、温かい料理と冷たい料理は、別々のお皿に取ります。種類も多すぎてはいけません。盛り付け方には、センスが現れます。多すぎるのはみっともないですので、2~3種類を取るのがベスト。もちろん、食べ残しもNGです。

 

■3:料理テーブルの前で友人とは騒いじゃう!?

料理テーブルの前では、料理を取りたい方のために集まらないように心がけます。また、ほこりをたてないように、決して騒いではいけません。

 

■4:大好きな甘いもから食べちゃう!?

つい、好きな食べ物から取っていませんか?  立食パーティーでも、座って食べるフランス料理などのフルコースと同じよう考えます。つまり、“順番通り”にとる事がマナーです。例えば、“前菜 → スープ → メイン → デザート”の順で食べてください。また、その都度、皿を替えて取りに行きます。

 

■5:「●●ちゃんの分まで取っていこう」!?

これ、立食パーティーでありがちですよね。でも、これもNGです。立食パーティーは基本、セルフサービスです。自分が食べる分の料理を取るのがマナーです。

 

意外に、普段の立食パーティで普通にしていることが、実はマナー違反だったんだと気付きますよね。立食パーティの本来の目的は、“食事をすること”ではありません。本当は、“交流を楽しむこと”が目的です。

お腹を空かせてパーティーに参加し、「会費の元を取ろう」とガツガツ料理を食べるのは、女子力の乏しい人です。

立食パーティーは、用意されている食事の量も少なめなので、事前に軽めの食事をして参加することをオススメします。食事を優先するより、会話を楽しみ、多くの人と交流することを大切にしてください。

【後編】では、残りの5個をご紹介します。

 

【マナー特集】

※ たくさんの人が「意味を勘違い」して使っている言葉14個

※ お歳暮で「女子力スゲー!」と思われるためのマナー8つ

※ 見直さないとみんなに嫌われる!スマホのNGマナー10個

※ 迷惑だから絶対やめて!SNSでしちゃいけないNG行動8つ【前編】

※ 迷惑だから絶対やめて!SNSでしちゃいけないNG行動8つ【後編】