ぽっこりお腹をスッキリ見せる「最強ファッション」5個

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食欲の秋が終わっても食欲だけは終わらない、気がついたらお腹周りがちょっとぽっちゃり、なんてことはないですか? 

そんな時期でも、ほっそり体型は“着やせ技”で作れます! おしゃれの達人であり、パーソナルスタイリストとしてファッションコーディネートサービスを提供する高田空人衣さんに、今すぐ実践したい着やせ技を伺いました。

 

■1:トップスはボトムスにインして着る

「トップスをウエスト周りでたゆませてしまうと、ポッコリお腹が強調されてしまうので、トップスは、ボトムスにインしてすっきり見せたほうがよいです」

 

■2:細めベルトをプラス

「先ほどのトップスをボトムスにインしてウエストマークした状態で、細めのベルトをプラスすると、よりポッコリお腹をスッキリ見せてくれます」

 

■3:トップスはブラウスを

「そしてインするトップスはニットよりもハリのあるブラウスや、ツヤのあるブラウスを合わせる方が、よりポッコリお腹をスッキリ見せてくれます」

 

■4:ボトムスは細かい柄モノ

「大きめの柄は、生地によってはお腹の伸びでポッコリ具合を強調してしまう恐れがあります。細かい柄モノのボトムスは大きめの柄はもちろん、無地よりもスッキリ見せてくれます」

 

■5:ストール×ベルト使い

「ストールを首から自然にフロントで垂らし、丁度ウエストあたりを同系色のベルトをポイント使いすると、お腹ポッコリがおしゃれにカモフラージュされます」

筆者も、持ち合わせの服でコーディネートに挑戦してみました。ストールの代わりにスカーフを巻いてもよさそうですね。

 

いかがでしたか? ストールやスカーフでお腹周りを隠すと、すっきり見えるだけでなく、おしゃれさがぐっとアップしますね。

また、「太った?」と思って大柄の服でカモフラージュしているつもりだったのに、逆にぽっこりお腹が目立っていた、なんてことがあっては大変。ぽっこりお腹を目立たなくする“着やせヒント”を知って、みなさんもお持ちの服で研究してみてはいかがでしょうか?

 

【ファッション特集】

※ むくみを引き起こす「実は恐ろしい冬のファッション」7つ

※ あなたのオシャレは「誰かを傷つけている」ことが判明!

※ 本当に男性が喜ぶ「女性のファッション」3パターン

※ 実はオシャレも危険!アクセサリーから高濃度の有害物質が検出!?

※ スキニージーンズを履くと神経を痛めることが明らかに

 

【取材協力】

※ 高田空人衣・・・カラーコーディネーター1級・ヨガインストラクターの資格を活かし、男女問わず、年齢問わずファッションコーディネートサービスを提供。海外のVIPも来日の際スタイリングサービスに訪れている。

またファッション・美容専門学校、結婚相談所、その他大手企業・団体など幅広い業種でファッションと姿勢のトータルスタイリング講師を行い、最近は監修・執筆など活動の場を日々広げている。