この冬に知っておくべき「風邪にいい」黄金ドリンクまとめ【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

のどの痛みや咳、発熱、鼻水が止まらないなど、風邪の症状って本当にツライですよね。風邪には、ウイルスの種類がいくつもあるので、流行する時期の特定が難しく、一度治ったと思っても、再度繰り返してしまうこともあります。

今回は、『美レンジャー』の過去記事をもとに、”風邪にいい飲み物まとめ”を前編、後編に分けてご紹介していきます。

 

■1:牛乳

風邪をひくのは、呼吸器や腸内の粘膜が弱まって、抵抗力が低下したときに細菌が侵入することが原因のひとつ。「痩せる力を”効果的にアップする”魔法の飲み物が判明!」にもあるように、風邪予防には粘膜を強化することが効果的なのです。

牛乳には、それを助けるビタミンAが含まれているので、風邪の予防に役立つということが、東毛酪農業協同組合のサイト内にも書かれています。

 

■2:味噌汁、チューブ生姜紅茶、ホット赤ワイン

えー!信じられない…意外すぎる風邪の”早期回復”方法」では、味噌汁、チューブ生姜紅茶、ホット赤ワインが風邪の早期回復に効果的と紹介しています。

・味噌汁・・・ネギの白根を刻んで、アツアツの味噌汁に入れて飲むことで、風邪による頭痛や鼻づまり緩和。

・チューブ生姜紅茶・・・生姜には殺菌作用や抗菌作用があります。摂取すると、血行が良くなるので身体が温まり、発汗作用も。ティーバッグで出した紅茶に、チューブ入りの生姜を入れるだけなので、とても簡単に作れます。

・ホット赤ワイン・・・ホット赤ワインは身体を芯からポカポカにしてくれます。シナモンやショウガの絞り汁、はちみつを混ぜることで温め効果をアップさせ、スムーズな入眠へ誘ってくれることが、「あらゆる不調の原因!最悪な”冷え”を解消する飲み物まとめ」でも紹介されています。

 

■3:ヤンロン茶(ラフマ茶)

ヤンロン茶は、中国で唯一医薬として許可された健康茶です。フラボノイドが含まれているので、免疫力を高めて風邪の予防をしたり、すでにひいてしまった風邪の症状を緩和する効果があることが、「一度飲むとやめられない…風邪予防も痩身効果もOKなお茶」で明らかに。

ヤンロン茶を愛飲する地域の人たちは、”長生きの民族”と呼ばれているそうなので、その健康効果には期待大です。

 

■4:マリーゴールド、セージ、ユーカリ、レッドクローバー

なんと飲むだけで予防に!”風邪に効くハーブティー”ベスト5」では、免疫機能を高めたり、発汗作用があるハーブを使ったお茶をランキング形式で紹介。

・マリーゴールド・・・解毒作用と発汗作用があり、血液の循環を促して風邪を予防。

・セージ・・・殺菌作用があり、風邪だけでなく扁桃腺炎の初期症状を緩和。うがい薬として使うとのどの痛みが和らぐので、のどの風邪におススメ。

・ユーカリ・・・優れた抗ウイルス作用があるので、風邪や花粉症による鼻づまりを和らげる。

・レッドクローバー・・・女性ホルモンと似た働きをするレッドクローバーには、美肌効果だけではなく、抗炎症、鎮静作用があるので、咳の出はじめのツラさを緩和。

 

気になる飲み物はありましたか? 続いて後編では、日本で古くから知られる風邪対策の飲み物や薬膳など9個の飲み物を紹介します。