ニキビ跡にもOK!「ニキビ撃退」に効果がある成分7つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は、冬になるとニキビが出やすくなる人が、多いんです。ニキビができたとき、みなさんはどんな化粧品を使いますか? どんな成分がニキビに効くんだろうかと、考えることがあると思います。

そこで今回は冬ニキビの原因と、米美容サイト『bellasugar』が発表した、“ニキビに有効的なオススメな成分”を7つをご紹介いたします。冬ニキビで悩む人は、ぜひ参考にしてください。

 

■冬ニキビの原因3つ

まず、夏にできるニキビと冬にできるニキビでは、原因が違います。汗や皮脂が過剰に出ることが主な原因でできる夏ニキビに対して、冬ニキビの原因は、主に以下の3つが挙げられます。

(1)空気やエアコンによる肌の乾燥

肌は乾燥することでターンオーバーが乱れ、余分な角質が溜まり、毛穴を塞いでしまいます。これが原因で、冬ニキビができやすくなります。

(2)血行が悪くなる

気温や体温が下がることで、血行が悪くなり毒素が溜まりやすい体質になります。また、皮脂分泌もスムーズにできにくくなるので、毛穴に皮脂が溜まりやすくなります。結果、冬ニキビができやすくなります。

(3)洗顔時の水の温度が高くなる

寒くなるにつれて、気づかないうちに洗顔時の水の温度が高くなっています。そのため、ますます乾燥を招き、冬ニキビを招いてしまいます。

このように、特に冬は、“乾燥”と“代謝が落ちる事”が原因でできることが多いのです。また、特徴としては、炎症した赤いニキビではなく、白ニキビができることが多いようです。

 

■ニキビにオススメの成分7つ

(1)サリチル酸

ニキビ用の化粧品として一般的に使われているのが、このサリチル酸です。角質を優しく除去する働きがあるので、角質が肥厚し、毛穴が塞がってできたニキビには、もってこいの成分です。

(2)過酸化ベンゾイル

過酸化ベンゾイルもニキビ用の化粧品として一般的な成分です。ニキビを作る菌を殺菌したり、毛穴の詰まりを防いでくれます。

(3)グリコール酸

サリチル酸よりも強い成分が、このグリコール酸です。毛穴の皮脂詰まりを防ぐグリコール酸は、ニキビを防ぐだけではなく、ニキビ跡にも効果的です。

(4)クレイ

マスクとして使われるクレイは、余分な皮脂や汚れを吸着してくれます。また、毛穴の解毒もしてくれる、嬉しい成分です。

(5)硫黄

ニキビの炎症を抑える成分として使われるのが硫黄です。塞がりやすい毛穴の皮脂や、余分な皮脂を取り除くのに最適です。

(6)ティーツリーオイル

ニキビを治すのに有名な精油が、ティーツリーです。抗菌と抗炎症効果を期待できる精油で、オーストラリアの医学の分野では古くから使用されています。

(7)マンサク

落葉小高木であるマンサクの樹皮や葉は、抗酸化物質を豊富に含んでいます。皮脂分泌をコントロールして、炎症を鎮静する働きがあります。

 

いかがでしたか? ニキビで悩んでいる人には、化粧品選びでとても参考になりそうですね。

美レンジャー』の過去の記事、「初対面の異性を見たときに“幻滅する肌”1位とは?」でもご紹介しましたが、ニキビは、初対面の人にはあまり良い印象を与えないようです。

ライターが過去にお伝えしている、「信じられないくらい超即効でニキビを撃退する方法」「悪化した手ごわいニキビをあっという間に治す方法2つ」も参考にして、この冬をニキビのないつるつる肌で過ごしましょう。

 

【ニキビ事情】

※ 冬ニキビの抹殺には「プラセンタが効果的」であると判明

※ 信じられないぐらい超即効でニキビを撃退する方法

※ 初対面の異性を見たときに「幻滅する肌」1位とは?

※ ニキビができる瞬間ランキング発表!1位は「●●の前」との結果に

 

【参考】

Your Guide to Over-the-Counter Acne Ingredients – bellasugar