たくさんの人が「意味を勘違い」して使っている言葉14個

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状を書く時期になってきましたね。口語や文語、敬語の使い分け。日本語の難しさは公の機会があるたびに迷ってしまうもの。

通例化してしている言葉の中に、間違った日本語が使われているのをよく目にします。今回は彼氏や友人の前でも使わないように気をつけたい、ありがちな思い込みを再検討です。

 

■意外と気付かない重複語の落とし穴

ひとつの言葉で意味が通じるのに、つい使ってしまうのが重複表現です。わかりやすいものを以下にあげてみました。

(1)お中元/お歳暮のギフト

お中元とお歳暮は、お世話になった方への贈り物という意味です。”ギフト”と重複していますね。

(2)一番最初/最後

”最も”がつく単語に”一番”をつけると同じ意味を繰り返すことに。

(3)後で後悔する

”後悔”とは必ず”後”にするものですよね。

(4)過半数を超える

過半数はすでに半分を超えていることです。

(5)余分な贅肉

余計な脂肪という意味ならば”贅肉”のひとことで伝わります。

(6)今現在

まさに”今”ということを強調したいのかもしれませんが、これも重複表現です。

(7)元旦の朝

元旦とは元日の朝のことです。

(8)クリスマスイブの夜

イブは前夜という意味ですよね。

実はこうした言葉はアナウンサーも間違ったまま発言していることも! ビジネスシーンなどでは特に気をつけたいところです。

 

■勘違いしやすい言葉の使い方

友人がしているちょっとした勘違いを正すのも気が引けますよね。せめて自分だけは意識してみましょう。以下に、大人でも多い勘違いを紹介します。

(1)的を得た

的は射るものなので、”得る”ものではありません。

(2)熱にうなされる

夢にはうなされますが、熱には浮かされる、が正解です。

(3)合いの手を打つ

打つのは相づちです。正しくは”合いの手を入れる”。

(4)愛想をふりまく

正しくは”愛嬌をふりまく”。愛想は態度のことなので、振りまくことはできません。

(5)体調を壊す

体調は壊せないものなので、”体調を崩す”なら正解です。

(6)取りつく暇もない

多忙で暇がない、という意味ではありません。正しくは”取りつく島もない”で、冷たい態度をとられて会話のきっかけさえ掴めないことです。

 

グレーゾーンになっている言葉のひとつに”ご存知”があります。”知る”の謙譲語である”存じ上げる”が語源なので、”ご存じ”が正しいかたちですが、今では慣例によりどちらでも許される風潮に。

ひょっとしたら間違いに気付いている人も、聞き流してくれているのかもしれませんね!? 他人の間違いにもあまり厳しくしないであげてみてくださいね。

 

【マナー特集】

※ 迷惑だから絶対やめて!SNSでしちゃいけないNG行動8つ【前編】

※ 迷惑だから絶対やめて!SNSでしちゃいけないNG行動8つ【後編】

※ 日本では常識的なことなのに世界では非常識にあたること

※ 外国人が「これは知らなかった」と思う日本の細かいマナーTOP10【前編】

※ 外国人が「これは知らなかった」と思う日本の細かいマナーTOP10【後編】