男性が浮気しなくなるホルモンをドバドバ出す方法3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、海外のある実験が女性にとって朗報であると、話題を呼んでいるようです。その実験とは“男性が浮気をしなくなるホルモン”を使ったもの。そして、そのホルモンの名は“オキシトシン”です! 

『Menjoy!』の記事「恋愛ホルモン“オキシトシン”心の不調も癒す働きもあった」でもオキシトシンは1対1のきずなをつくることに関係する脳の伝達物質であり、一夫一婦制をとることなどと関連があるとご紹介しています。

本来オキシトシンは女性が出産のときに感じる“痛みよりも喜び”や、ハグしたときに感じる癒し系ホルモンです。以前「科学で効果が認められている“ストレスを減らす方法”11個」でも紹介されていましたが、このホルモンの分泌がストレス解消にも役立つため、非常に大切なホルモンだということが分かります。

癒し効果も大事ですが、浮気を防ぐ効果があるならぜひともこのホルモンの分泌を高めたい、と思う女性もいるのではないでしょうか? そこで、今回は改めてオキシトシンを分泌する方法をまとめてみました。

 

■1:エストロゲン分泌時に接触を多くする

女性ホルモンの一つエストロゲンは、オキシトシンに対する感受性を増大させる作用があります。ですので、エストロゲン分泌が多い時に、ボディタッチをするのがオススメ。例えば、エストロゲン分泌が高いのは、妊娠時。妊娠したら、ご主人にお腹をさすってもらうといいですね。

また、排卵期に向かってエストロゲンの分泌が高まりますので、ボデイタッチを多めすにるタイミングは、生理が終わってから排卵に向かう時がチャンスです。

 

■2:子供を含めてハグする

触れ合うことで分泌されるオキシトシン。また、親が子をあやす時にも出ます。せっかくなら、コレを同時に行えば、オキシトシン分泌+家族みんなで仲良しになれますので、ハグは家族みんなでしましょう。

 

■3:ベッドの上であれこれする

ピロートークやベッドでのハグもオキシトシン分泌を促します。寝る前に「好きだよ」と囁くのを習慣にするようにしてみてはいかがでしょうか?

 

いかがでしたか? 浮気がないカップルは、自然とこれらができているのかもしれません。魅力的な異性に惹かれてしまうのは、動物として仕方がない時もありますが、浮気に発展し取り返しのつかないことにまでならないよう、普段からオキシトシンに接触する機会を増やしてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ 実は夫婦仲がいいほど多い!? 「胃痛」を抑える方法4つ

※ 驚くほど夫婦仲がよくなる!黄金の「ポーズ」3パターン

※ たった一言でうまくいく!「女性が喜ぶフレーズ」トップ3

※ 男性は「妻が味覚オンチだと出世しない」ことが明らかに

※ 専門家が教える「カップルのストレスを緩和する方法」5つ