実は夫婦仲がいいほど多い!? 「胃痛」を抑える方法4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11 月 22 日は“いい夫婦の日”ですね。それに先駆けライオン株式会社のスクラート胃痛対策プロジェクトが行った「夫婦仲とストレス・胃痛の関係性に関する意識調査」によると、8割以上 が「いい夫婦であるためには“我慢・忍耐”が必要」と答えており、仲のいい夫婦の約4割が夫婦仲のストレスが原因で胃痛を経験して いることがわかりました。

そして、我慢している一言を聞いたところ、かなりリアルな本音がポロリ……。その中でも上位だったものがこちらです。

男性は「もっとちゃんと掃除してよ(22.7%)」

女性「もっと稼いでよ(34.5%)」

夫は妻の家事に対して、妻は夫の収入面に対しては、文句を言わないように我慢 しているようです。それぞれ言って欲しくはない一言ですが、我慢させるのも悪い気がしますよね。そこで、今後も夫婦仲を良くしていくためにも、胃痛を軽減させる方法をご紹介したいと思います。

 

胃に優しい食品を知ろう

(1)鍋ものを食べる

東洋医学の世界では、ストレスから出る胃痛は、「肝気の滞りが原因」と言われており、大根・しいたけ・ニラ・春菊・八角などを摂ると良いとされています。鍋との相性がいい食材が多いので、鍋メニューをよく取り入れてみてはいかがでしょうか?

(2)冷たいものを摂り過ぎない

ご存知かもしれませんが、冷たいものが胃に入ると胃の血管が収縮し、胃の働きが落ちてしまいます。その状態が続くと、消化不良などを起こしやすく、胃痛につながりますので、冷たいものを普段から摂り過ぎないように注意しましょう。

(3)みかんを食べる

こちらも東洋医学の世界で、ストレスによる胃痛のときのオススメの食材になります。みかんのような香りがあるものを食べたり、柑橘系の香りを嗅ぐことでストレスを軽減させる方法です。

(4)牛乳より半熟卵

胃が荒れたら牛乳が優しいイメージがあるかもしれませんが、牛乳は胃にとどまる時間が長いので、それだけ負担がかかっています。胃が弱っているときに選ぶとしたら、牛乳より停滞時間の短い“半熟卵”のほうが負担が軽くて済みます。

 

胃痛を起こりにくくさせるためにも、胃への負担を減らすものを積極的に取り入れるのがよいでしょう。またストレス性の胃痛には、香りのある食材を選ぶのがオススメです。あまり胃痛を我慢しないで、末永く夫婦仲良くして下さいね。

 

【夫婦にまつわるエトセトラ】

※ 男性は「妻が味覚オンチだと出世しない」ことが明らかに

※ 夫婦円満の秘訣は「妻の●●が夫より低いこと」だった!?

※ 驚くほど夫婦仲が良くなる!黄金の「ポーズ」3パターン