一年中同じ洗顔料を使うのはNG!洗顔料の見直しポイント3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒さが本格化してきましたね。暖房を使っている方もいらっしゃるかと思います。

でも、冬の空気は乾燥しており、暖房を使うとさらに乾燥が気になります。みなさん、最近洗顔後に乾燥がやたらと気になることはないでしょうか。また、今までのお手入れでは、うるおい感がもの足りなくないですか?

該当する方は、ぜひ洗顔の見直しをしてみてください。夏と同じ洗顔をしている方は要注意ですよ。

 

■冬は皮脂分泌量が少ない

冬は夏と比べて皮脂の分泌量も減り、汗もあまりかきません。それなのに、夏と同じ洗顔料でお顔を洗ってしまうと、夏よりも乾燥してしまうのは当然のこと! 化粧水や乳液のアイテムを見直したり、追加で美容液を使うよりも、洗顔料を変える方がコストもかからず懸命です。

また、意外にも皮脂量が少ない女子も多いのが現実。「ニキビがあるから」「Tゾーンがテカるから」といって、さっぱり感を重視し、皮脂を過剰に落としてしまう洗顔をしている方は、皮脂量の理想値を下回ってしまう危険があります。同時に、必要なお肌の水分も奪ってしまっている可能性も。

すでにお肌の乾燥を実感している方は、ぜひ洗顔料を見直してみてください。

 

■洗顔料の見直しポイント3つ

洗顔料を変えるなら、以下のポイントをクリアしているものがよいでしょう。

(1)うるおいを洗い流さない・・・洗顔後つっぱることはなく、洗い上がりがしっとりしたもの。

(2)保湿力がある・・・洗顔後、お手入れしなくてもいいのではないかと思うほど、うるおい感のあるもの。

(3)汚れはきちんと落とせる・・・保湿力があっても、メイクや汚れが落とせなくてはいけません。

みなさんが今使っている洗顔料はいかがでしょうか?

 

■うるおう洗顔3つ 

では、上記のポイントをおさえた洗顔アイテムをご紹介します。

(1)さっぱりするのに保湿効果が高い

「うるおう洗顔って、すっきりしなさそう」という不安がある方には、ヴェリマの『ナチュラルクレンジングフォーム』がおすすめ。洗顔後はさっぱりした感覚なのに、うるおい効果がしっかりある洗顔料です。うるおいの秘密は、アロエベラがたくさん配合されていること。ラベンダーとバルマローザも配合されています。

(2)うるおいを守りながら毛穴すっきり

毛穴が気になる方にはこちら、ジュリークの『フェイスウォッシュクリーム』。多くの洗顔料の泡立ち成分は、うるおいを奪いすぎてしまうものが多いので、こちらはアーモンドペーストと植物エキスで洗浄する“泡立たない”洗顔です。はじめは抵抗があるかもしれませんが、毛穴がすっきりし、うるおうので、使うほどにハマってしまうアイテムです。

(3)冬でもべたつきが気になる方には

混合肌、オイリー肌で、べたつきが気になる方は、ロゴナの『クレンジングフォーム』がおすすめです。ハーブの力ですっきり洗浄しますが、お肌に必要な皮脂や水分は残します。自然のハーブを使っているため、洗浄力がきつすぎず、うるおいを守ることができるのです。

 

いかがでしたか? 最近乾燥がひどくなったと感じる方、ぜひ洗顔料を見直してみてくださいね。

 

【乾燥肌対策シリーズ】

※ 老け顔に見られる「ひどい乾燥肌」を救う絶品コスメ2つ

※ 手軽で簡単!お風呂でできる冬の乾燥肌を卒業する方法

※ 自宅でOK!「乾燥肌のボディ」から簡単に脱却する方法

※ 乾燥の季節にまず行うべきファンデーションテクまとめ

※ 春までには知っておきたい「乾燥肌に効く」食べ物6つ

 

【参考】

ナチュラルクレンジングフォーム – VERIMA

Jurlique ジュリーク オンラインショップ

クレンジングフォーム – LOGONA&Friendsオンラインショップ