これでもう安心!睡眠中に体がビクッとなるメカニズム解明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寝苦しい夏の夜が去り、心地よい睡眠へと誘ってくれる季節になりました。みなさん、しっかり眠れていますか? 十分な睡眠をとることが美容や健康に欠かせないということは、今や常識! 

ところが、早い時間にベッドに入り、眠りに落ちてきた頃……身体が高いところから落ちるような”ビクッ”とする感覚に襲われて目が覚めたという経験は誰しもあるのではないでしょうか? 実はこれ、通称“寝ピク”といわれる症状で、医学的には“ジャーキング”と呼ばれているものなのだそう。

この“寝ピク”が起こると、睡眠が中断されてお肌に良くなかったり、安眠できないという悩みにもつながるので、何とかして抑えたいですよね。そんな”睡眠中に身体がビクッとなる理由と対策”を、現役医大生でWebライターの朽木誠一郎さんに教えていただきましたので、ご紹介していきます。

 

睡眠中に身体がビクッとなるのはなぜ?

朽木さんによると、睡眠中に身体がビクッとなるメカニズムは、下記の仮説が有力なのだとか。

「身体が眠っているのに脳が起きているレム睡眠状態のときに“寝ピク”は起こります。起きている脳が、筋肉が弛緩して眠っている身体を”高所から落下している”と勘違いして、無意識の筋肉収縮が起こるという本能的な防御反応なのです。レム睡眠時に起こるというところは、寝言に似ています」

あのビクッとなる感じが無意識の防御反応だったなんて驚きですよね。“寝ピク”が起こりやすいときというのは、大体が疲れているときや、長時間起きている状態が続いた時のようなので、日常生活を改めることで改善できるといいます。

では次に、“寝ピク”を起こさずに安眠する方法についてお話していきます。

 

■“寝ピク”を抑えて安眠する方法2つ

せっかく気持ちよく寝ていたのに起こされてしまう嫌な“寝ピク”を抑えるためには、疲労を取り除いてあげることがいいのだそう。その方法は下記の2つ。

(1)エネルギー源の不足を高タンパク、低脂質の食事により解消する

とりささみ、低脂肪牛乳、豆腐、エビを摂取したり、肉、魚、乳、豆のタンパク質をバランスよく摂ることで、美容や健康にも良く必要なエネルギー源を補えます。

(2)肉体的な疲労、精神的な疲労を取り除く

エネルギーを十分に摂っていても、強度または長時間の負荷による酸化ストレスがあると、筋細胞あるいは神経細胞へのダメージが蓄積されていきます。そのため肉体的、精神的な疲労を取り除いてあげる必要があります。

朽木さんによると、肉体的疲労には入浴やマッサージ、適度な運動、太陽の光を浴びて体内時計を正常化させること。精神的疲労には音楽を聴いたり笑ったり、漫画や映画を見てリラックスすることが有効だそう。

 

“寝ピク”が起こるのは、身体が疲れたというSOSのサインを出しているときなので、普段以上に意識をして食事や休息をとるようにしましょう。

 

【睡眠シリーズ】

※ 睡眠の質を高めて快眠を得る「たった2つのコツ」とは?【前編】

※ 睡眠の質を高めて快眠を得る「たった2つのコツ」とは?【後編】

※ 驚愕!鼻がつまるだけで「睡眠時無呼吸症候群」になる

※ 良質な眠りにつくための「快眠サポート」アプリ2つ

※ 休日の「寝だめ」も危険!実は寝すぎると体に悪影響アリ

 

【取材協力】

※ 朽木誠一郎・・・現役医大生。医学部で学んできた知識をもとに、最新の医学ニュースをわかりやすく紹介することを得意とする。医師兼ライターを目指し、日本の医療の課題や展望を現場から発信することを目指し、日々勤しんでいる。