原因不明の「突発性難聴」が引き起こす超危険な症状5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『美レンジャー』でも、今までいろいろな病気をご紹介してきました。例えば、松浦亜弥さんがかかった“顎関節症”や、若い女性に急増中の“逆流性食道炎”や“子宮頸がん”……。

今回は、人気シンガーソングライターのスガシカオさんがかかったと、自身のブログ告白した“突発性難聴”に関してお話していきます。

 

■突発性難聴とは?

今まで、特に耳の病気をしたことがないのに、何の前触れもなく「いきなり耳が聞こえにくくなった……」と言う人。突然、片方の耳の聞こえなくなった人は、突発性難聴の疑いがあります。

突発性難聴は、厚生労働省の特定疾患に指定されています。内耳に障害が生じ、ある日突然、耳が聞こえなくなる病気ですが、残念ながらはっきりとした原因は、今も分かっていません。しかし、ストレス社会の現代では、誰しもがかかりうる病気です。

次に、症状についてお話します。

 

■突発性難聴と考えられる症状

突発性難聴は、“突発性”のため、だんだん聞こえにくくなることはなく、突然、耳が聞こえなくなってしまいます。

しかし、副症状として、以下のようなことが考えられます。

(1)耳鳴りがする

(2)耳が詰まったような感じがする

(3)音が響く感じがする

(4)めまいがする

(5)吐き気、および嘔吐がある

発症して早い段階で治療を開始すれば、改善される人が多いと言われています。おかしいと感じたら、早めに医師の診断を受けましょう。

 

■突発性難聴の予防法8つ

残念ながら、突発性難聴の完璧な予防法はないと言われています。しかし、免疫力を高める生活で予防ができると言われています。

主な予防法は、以下の通りです。

(1)野菜中心の栄養バランスを考えた食生活を心がけましょう

(2)冷たい食べ物より、体を温める食べ物を意識的に摂りましょう

(3)過労を避けましょう

(4)睡眠を十分にとりましょう

(5)過度な飲酒を避けましょう

(6)禁煙を心がけましょう

(7)耳に大きな刺激を与えないようにしましょう

(8)過度なストレスを溜め込まないようにしましょう

 

突発性難聴は、ストレス社会では誰もがかかりうる病気です。過度な疲労やストレスがかかった時に発症しすいので、肉体的・精神的な安静を心がけたいものです。

 

【関連記事】

※ 肌荒れの原因になっちゃう「実は危険な日常アイテム」3つ

※ 携帯電話で皮膚炎!? アレルギーの原因になりやすい小物たち

※ 肌が焼ける!? ノートPCを使い続けると起こる恐ろしい症状

※ 迷惑だから絶対やめて!SNSでしちゃいけないNG行動8つ【前編】

※ 迷惑だから絶対やめて!SNSでしちゃいけないNG行動8つ【後編】