老けたくないなら柿!体の悩み別「効果的なフルーツ」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食欲の秋。みなさんは、“旬の食材”を摂っていらっしゃいますか?

秋刀魚、カキ、マツタケなど美味しい食材がたくさんありますが、なかでもフルーツには、美容によいとされる栄養素がたっぷり! 私達女性のキレイになくてはならない存在ですよね。

そんな美の王様フルーツですが、一言に美容によいと言っても、ビタミンを豊富に含むものから、肌や身体の老化を防いでくれるもの、デトックス効果のあるものまで、その効果は実に様々なのです。

そこで今回は、旬のフルーツと日頃スーパーなどで手に入りやすいフルーツから、お肌・身体の悩みに合わせた“いま摂るべきフルーツ”をご紹介します。

 

■美肌

美肌に必要な成分といえば、言わずと知れた“ビタミンC”です。このビタミンCには、シミ・しわを改善しながら、新しいシミが出来るのを防いでくれる効果があります。また、肌に透明感やハリを与えてくれる、まさにパーフェクトな成分なのです。

(1) オレンジ

スーパーなどで売られているオレンジのなかで、一番よく目にするのがバレンシアオレンジとネーブルオレンジでしょう。

バレンシアオレンジには100mgあたり40mg、ネーブルオレンジには100mgあたり60mgものビタミンCが含まれています。

成人女性の一日に必要なビタミンCの摂取量は、85mg。ネーブルオレンジを一日一個食べることで、一日に必要な摂取量を補えるのです。

(2) 柿

意外なことに、柿にはビタミンAやビタミンCが多く含まれています。なんとそのビタミンCの量は、ネーブルオレンジ同様に、柿一個で、一日分のビタミンCを補えるほどです。

また、強い抗酸化作用を持つ“カロテン”も多く含まれているので、肌のシミ、しわ、たるみなどの老化を防ぎながら、肌荒れやニキビなどの炎症を治めてくれる効果があります。

 

■便秘

便秘の原因として、最も多くあげられるのが“植物繊維”の不足ではないでしょうか。

植物繊維には、水に溶ける性質を持つ“水溶性植物繊維”と、水に溶けにくい性質を持つ“不溶性植物繊維”の二種類があります。

水溶性植物繊維は、腸内で水分を吸収してゲル状に変化し、有害物質を包み込みながら、体外に追い出してくれるのです。

また、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。その一方、不溶性植物繊維は腸内で膨らみ、腸の蠕動運動を盛んにして、排便をスムーズに促してくれます。

(1) りんご(水溶性植物繊維)

水溶性植物繊維であるペクチンが多く含まれているので、便秘解消には効果絶大です! また皮にも、アントシアニンという抗酸化成分や、老化防止のポリフェノールが含まれ、栄養素がたっぷり。

無農薬のりんごの場合、皮を一口大に切って、紅茶に入れてみるのもおススメです。

(2) 栗(不溶性植物繊維)

栗には不溶性植物繊維であるセルロースが多く含まれているので、便秘に効果があるほか、ビタミンC、ビタミンE、鉄、亜鉛、カルシウムなど多くの栄養素を含んだ、力強い食材なのです。

ビタミンCは、加熱によって失われるといいますが、栗の場合は加熱をしてもビタミンCが失われることはほとんどなく、その点も高ポイントですよね。

 

いかがでしたか? 目的に合わせてセレクトすることで、美味しくキレイが叶うなんて嬉しい限りですね。ぜひ取り入れてみてください。

 

【食べ物ネタ】

※ 老化を遅らせ美人力アップするには「イチジク」がいい!?

※ これは衝撃!トマトが脳卒中のリスクを55%も削減すると判明

※ あなたの食欲をしっかり抑えてくれるスゴイ食べ物トップ3

※ 美味しいのに食事の代わりになる「低カロリー食べ物」10個【前編】

※ 美味しいのに食事の代わりになる「低カロリー食べ物」10個【後編】