男心にキュンキュンくる「すっぴん風メイク」テク6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在日本では“すっぴん”ブームが真っ盛りですが、その波がジワジワとアメリカにも浸透中。レディ・ガガやケイティ・ペリー、リアーナ、マイリー・サイラスなどがこぞって、“すっぴん”をツイッターなどで披露しています。

そんなセレブ達に刺激を受け、アメリカの雑誌でもメイクしていなかのようにメイクする“すっぴん風ナチュラルメイク”を特集。今回は米ファッション誌『Teen Vogue』でのテクをご紹介します。

 

■1:下地

肌色を整えるだけでなく、乾燥している部分やニキビ部分も滑らかに均一にしてくれる下地。使用方法は1円玉サイズを手に取り、下から上へと指でそっと叩くように塗布していきます。こすったり、ラフにするのはNG。優しく塗って、完璧なマット肌を作りましょう。

 

■2:目の下のコンシーラー

次にリキッドタイプのコンシーラーを目の下に塗ります。このときに使うのは小指。その他の指だとムラになってしまうので、小指を使って細部まで丁寧に塗布していきましょう。

 

■3:他の部位のコンシーラー

先ほど使った目の下用とは別のものを選びましょう。というのも特にニキビ用などのコンシーラーは、皮脂分泌を抑える成分が入っているため、ドライになりがちだからです。ニキビ跡やシミが気になる人は、小さいブラシを使ってコンシーラーを塗ると、様々な角度からカバーが出来るのでオススメです。しかし塗り過ぎてしまうと、逆にその部分がだけが目立ってしまうのでご注意を。

 

■4:BBクリーム

現在欧米でも人気のBBクリーム。こちらでは軽くてシアーな仕上がりのタイプが多いため、SPF効果のある保湿液として下地とファンデーションの間に使うのが一般的です。自分の肌色よりワントーン濃い色をチョイスすることで、肌の輝きが増すとのこと。クリームを塗るかのように、顔全体に塗り込んでいきましょう。

 

■5:ファンデーション

もっとカバー力が欲しい場合はリキッドファンデーションをプラス。この時のポイントはファンデーションに美容液1滴を混ぜること。指を使って優しく叩きこむことで、厚塗りにならずシアーな仕上がりになります。もっと軽い仕上がりを好むなら、鼻やオデコなど、塗りたい部分にだけ塗りましょう。

 

■6:フェイスパウダー

ベルベットのような軽くて優しい質感のパウダーを選び、プレスしながら肌に滑らしていきます。白く塗り過ぎないよう、真ん中から左右に向かって伸ばすのがコツ。もし肌の乾きを感じたら、保湿スプレーを吹きかけて、完了です!

 

いかかでしたか? 様々なアイテムを少量で優しく丁寧に塗り上げていくのが欧米流“すっぴん風メイク”のようです。是非トライして、セレブのようなツヤ輝くすっぴん肌に美しく変身してみてくださいね!

 

【すっぴん美人テク】

本当にモテるのはどっち?すっぴん風メイクvs.バッチリメイク

新モテ女子の条件 「すっぴん美人」にみせるメイクテク

モテ女子は密かにやっている「すっぴんネイル」ケア2つ

これであなたもすっぴん美人!フサフサまつ毛の育成法2つ

※ ドキッ!すっぴんに自信が持てないのは●●が原因?