うつぶせはNG!どんどん胸が崩れちゃう悪習慣2パターン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気温が涼しくなるにつれ、胸元を隠すファッションに身を包む機会も増えました。とはいえ胸元を露出する、しないに限らず、いつでも綺麗なデコルテやバストは常に女性の憧れですよね。

以前の記事「超ショック!間違ったブラ着用でこんなにバストが垂れる 」でも紹介した通り、正しいブラジャーをつけることが美しいバストへと導く秘訣ですが、実はその他にも日常で気をつけたい点がいくつかあるので、今回ご紹介致します。

 

■1:通気性が悪いブラジャーは胸元のニキビやブツブツを作る!

人目につかない部位のため、あまりメジャーな悩みとして挙げられませんが、実は多くの女性が胸元のニキビやブツブツに悩んでいると言われています。そしてこれは汗をかくことが原因であるのがほとんどなのです。

例えば暑い日や、エクササイズなどで汗をかいた際、額や首元は汗を拭き取ったりしますが、胸元まできちんと汗の対処をする人は少ないですよね? そのため汗を放っておくと、細菌が増殖して毛穴に汚れが詰まり、ニキビやブツブツとなってしまうのです。

さらに胸元は汗をかきやすい部位であるため、皮脂が過剰に分泌されることも原因のひとつですし、ブラジャー装着時のムレや締め付け、また胸が大きい人はそれぞれの胸が擦り合ってしまうことも挙げられます。

それらを防ぐには、まずコットンや速乾性があって通気性の良いブラジャーを身につけることが肝心です。また、エクササイズ時には普段のブラジャーではなく、スポーツブラを着用することをオススメします。

さらに毎日の入浴時には胸元を優しくきちんと洗うこと。そして汗をかいた直後にも、もちろん洗いましょう。もしシャワーに入れない場合は、清潔な洋服に着替えたり、サリチル酸が含まれた化粧水などで、汗をかいた場所を優しく拭き取りましょう。

 

■2:うつ伏せ寝は胸元のたるみやシワを作る!

皆さんは普段の就寝時、どのようにして寝ていますか? 実は寝る体勢が、美バストの形やたるみ、シワに大きく関わっているんです。

背を上に、胸を下にするうつ伏せで寝ている方は要注意です。というのも自身の体重がバストを圧迫するので、胸の形が崩れてしまうのです。

さらに生理時には胸が張ったり、敏感な状態になる人も多いかと思いますが、そういった際にうつ伏せをすると、胸がさらに敏感になるだけでなく、翌朝に痛みを伴うこともあるので避けましょう。

また、左右どちらかに横向けで寝る際は、下方の胸は圧迫されていますし、上方の胸は重力で下にひっぱられてしまい、小さなシワやたるみが出来てしまうことがあります。ですのでこちらの寝方も避けた方がいいでしょう。ただどうしても横向きで寝たい方は、サポート力のある夜用ブラジャーの装着がオススメです。

 

もうお分かりの通り、一番美バストに理想的な寝方は仰向けです。それは胸に何の負担もかかっていないからです。仰向け以外で寝ている方は、普段の寝方を変えるのは少々難しいかもしれませんが、美バストのためにも、ぜひ仰向けで寝てみるように心がけてみて下さいね!

 

【関連記事】

※ 胸が大きくならない原因は「バストの冷え」だと判明!

※ 実はブラジャーすると「逆に胸の老化が早まる」と判明

※ 食べるだけで胸が大きくなる!超簡単ハワイ式の丼ごはん

※ もう悩まない!「貧弱バストを美胸に魅せる」洋服選び3つ

※ 「そのまま洗う」はNG!ブラジャーを長持ちさせる洗濯テク