これで彼とのお泊まりも怖くない!寝顔美人になるコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画やドラマでたびたび目にする、女優さんの就寝シーン。演技とはいえ、美しい寝顔は憧れますよね。その一方で、友人に撮られた“寝顔写メ”を見てビックリ仰天した方も少なくないはず。

女優さんのように完璧な寝顔とはいかなくても、いつ写メを撮られても大丈夫な寝顔を手に入れられたら、彼からの評判も上々かもしれません。

今回は美しい寝顔を手に入れるコツをご紹介したいと思います。

 

■意外と多い半目さん

寝ているとき、無意識に目や口が開いてしまう……。秘かな悩みとして多いのではないでしょうか? 半目さん、半口さんは閉じられるようになれば、一気に寝顔レベルアップへの道は近いのです。

目が開いてしまう原因は「まぶたを閉じたり開いたりする筋力の低下」「まぶたの大きさに対して眼球が大きい」などがあげられます。眼球が大きいのは、目が大きい証拠! チャームポイントと割り切って、まぶたの筋力アップを目指しましょう。

まぶたを引き上げる筋肉の“眼瞼挙筋”、閉じる筋肉の“眼輪筋”この二つの筋肉がキーポイントです。早速ストレッチを行いましょう。

(1) 眉を上げ、目を大きく見開く

(2) 眉を上げた状態をキープしたまま、目を閉じる

(3) ゆっくり元に戻す

なかには、起床時の充血に悩まされている方もいるのではないでしょうか? これは、睡眠中に目の表面が乾燥してしまうことが原因と考えられます。アイマスクをして目を保護することも必要です。

 

■半口さんの場合

同じように口が開いてしまう原因は、口を閉じる筋力である“口輪筋の低下”があげられます。ストレッチで鍛えていきましょう。顔のたるみやむくみにも効果的です。

(1 )唇をタコのように突き出す

(2) ゆっくり元に戻す

(3) 大きく口を開けて「あ・い・う・え・お」と発音する

また、半口さんは鼻ではなく口で呼吸していることも……! 鼻呼吸出来るように練習していきましょう。

(1) 3秒間、鼻から息を吸う

(2) 2秒間息を止める

(3) 15秒間かけて、ゆっくり口から息を吐く

アロマを焚くなどして、リラックスした空間を作ることも大切です。

 

■寝る前のスキンケア

お次は、すぐに実践出来るテクニックです。おやすみ前のスキンケア、クリームはかかせませんよね。しかし、テカテカの寝顔は、ますます可愛いから遠ざかります。ここぞ!という勝負時は、普段の使用量の2分の1程度、または質感の軽いものに変えてみるのもよいでしょう。

肌トラブルが気になる方は、就寝中にニキビや肌荒れをケアしてくれる、夜用お粉をつけるのもおススメです。

 

■リップケアは忘れずに

寝るだけだからといって何もつけないすっぴん唇では、美しさも半減。ほんのり色付くタイプの薬用リップや、薄付きのリップバームなら、唇をケアしながら血色のよいリップを手に入れることが出来ます。

 

いかがでしたか? 早速今夜から実践して、ステキな寝顔を目指しましょう。

 

【関連記事】

※ 使っていると「どんどん美人になれちゃうサイト」が誕生!

※ 驚愕の事実が発覚!東京都●●区は「美人の産地」だった

※ 周りに差をつける!美人に撮られるための超簡単テク6つ

※ まるでバービー人形…人間離れした美しさをもつ女性3人

※ 日本人の常識ではとても考えられない世界の美人の条件