ピンクのシャドウを最大限に活用して女度アップする方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

華やかな色味のアイシャドウ。買ってはみたものの、どう使っていいのか分からずに、結局いつものアイシャドウに戻ってしまってはいませんか?

以前『美レンジャー』で紹介した「若返りモルモンがバンバン出る“ピンク色”取り入れ方3つ」にもあるように、ピンクの持つパワーは偉大です。

ですが……、可愛いはずのピンクのアイシャドウ、なぜかつけると腫れぼったくなってしまう、目元だけ浮いてしまうなどの理由から敬遠している人も多いのでは?

そこで今回は、ピンクシャドウを最大限に生かす!方法をご紹介します。

 

■重要なのは締め色

ピンクシャドウといっても、様々な色味のパレットがありますが、どのパレットにも共通して言えることは“締め色”がメイクの出来を左右するということです。

ただピンクをアイホールになじませただけでは、腫れぼったさが全面に出てしまいます。必ず締め色を使い、まつ毛ぎわにアイラインを入れるようにぼかしていきましょう。このとき下まぶたの目尻から3分の1にも、同じくアイラインを入れるように締め色をぼかして。たれ目がちな目元を演出してくれます。

パレットに締め色がセットされていない場合には、お手持ちのアイシャドウを使用してもOKです。その場合、黒を使用すると、きつくなりがちなので注意しましょう。ピンクの甘さと調和しながら、目元を締めてくれるブラウンがおススメです。

 

■下まぶたにも取り入れて

ピンクシャドウの使い方として、間違いなく!全ての女子が可愛く見えるのが、“下まぶたメイク”です。下まぶたの涙袋にピンクシャドウをのせるだけで完成です。

涙袋は、別名“ホルモンタンク”と呼ばれ、ここがぷっくりしていると魅力的に見えると言われています。

ピンクシャドウのかすかな赤みが、このホルモンタンクを通常よりもぷっくりと見せてくれるので、女性らしい目元に仕上がるのです。

下まぶたメイクのとき、アイホールも同じピンクシャドウを使ってもよいのですが、上まぶた下まぶたともピンクに抵抗がある方は、アイホールにゴールドやベージュ系など落ち着いた色味を、下まぶたにだけアクセントとしてピンクシャドウをもってきても素敵です。

 

ちょっとの冒険心が、あなたのキレイをより一層高めてくれるはずです。ぜひチャレンジしてみて下さいね!

 

【関連記事】

※ 誰でも超簡単に「綾瀬はるか」になりきれるメイクのコツ【アイメイク編】

 AKB48板野友美のような「デカ目」になれる!簡単アイメイク術4ステップ♪

※ AKB48板野友美のような「涙袋」をゲットできるアイメイク

※ 【美メイクテク】一重や奥二重でも「確実に目を大きく見せる」3つのテク