睡眠の質を高めて快眠を得る「たった2つのコツ」とは?【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは毎日、ぐっすり眠れていますか? 美容と健康のためには、十分な睡眠が不可欠。よく知られている事実ですが、忙しい現代人にとって、理想的といわれる6~8時間の睡眠を確保するのはなかなか難しいことですよね。

そこで最近では、短時間でもしっかり疲れをとって朝すっきり目覚めるために、睡眠の“質”を高めようという動きが高まっています。

しかし、最新の調査によると、女性に多いお悩みである“冷え”や“ストレス”が、質の良い睡眠を妨げているというデータも。そこで今回は、気になる調査結果と、血めぐりを高めて良質の睡眠へと導くコツをお伝えします。

 

■睡眠不満足者の86%が、睡眠悩みを改善できない“睡眠難民”

『血めぐり研究会 supported by kao』が、2012年8月に全国の20~50代の男女800名を対象に行なった調査によると、「睡眠に不満がある」と答えた人は半数以上の439名に上ったそうです。

そして、そのうちの86.4%が睡眠に対して「何らかの対策をしている(いた)」「対策方法がわからないので何もしていない」と回答。睡眠に不満足で何らかの対策は行っているが改善できていない、あるいは対策方法がわからないので何もできていないという“睡眠難民”が多数いることがわかったのです。

 

■体の“冷え”や日々の“ストレス”が睡眠の質を低下させる

さらに細かく見てみると、「体の冷えを感じている人」や「日頃ストレスを感じている人」では、睡眠に「不満足である」と回答した人の割合が約7割と高くなり、全体平均を上回りました。以上のことから、冷えやストレスが睡眠の質を低下させているという実態が伺えます。

この結果について、睡眠の専門家であるスリープクリニック調布院長・遠藤拓郎先生は、次のようにコメントしています。

<通常は、就寝前に体温が上がると、体の表面、特に手足から放熱されて体温が下がり、眠くなります。つまり就寝前の体温調節が非常に重要なのですが、現代人は、冷えやストレスの影響で、血めぐりが悪くなり、就寝前の体温調整がうまくできない人が増えています。

冷えを感じている人は、手足などの末梢血管の血めぐりが悪く、熱が運ばれにくいことが原因です。また、ストレスを感じている人は、交感神経が優位になり、血管が収縮するため、血めぐりが悪くなり、体温調節がうまくできません。良い睡眠には血めぐりが重要なのです>

では、睡眠の質を良くするには、どうしたらよいのでしょうか? そのカギを握るのが、眠り始めの3時間に多く出現する深い眠り、“深睡眠”です。

“深睡眠”は、体や脳の休息(修復)や体の成長など、体の機能を維持するための重要な役割を担っており、美肌を育む成長ホルモンもこの時間に多く分泌されます。つまり、スムーズに眠りにつき、しっかりと“深睡眠”を得ることは、美容にも効果的なのです。

ここで、“深睡眠”がきちんと取れているかどうか、自己チェックをしてみましょう!

<睡眠難民Check「3の法則」(監修:遠藤拓郎先生)

睡眠の悩みを改善しようと何らかの対策をしているが、改善できない人のうち、以下3つの項目について、ひとつでも当てはまる人は、“深睡眠”が取れていない可能があります。

1.目を閉じてから寝つくまでに30分以上かかる

2.夜中に3回以上目を覚ます

3.起床しようと思う30分以上前に自然に目が覚める>

 

いかがでしたか? 当てはまる項目があった人はぜひ、【後編】でご紹介する“深睡眠”を得るためのコツを試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 驚愕!鼻がつまるだけで「睡眠時無呼吸症候群」になる

※ 良質な眠りにつくための「快眠サポート」アプリ2つ

※ 休日の「寝だめ」も危険!実は寝すぎると体に悪影響アリ

※ 実は超危険!体に悪影響を及ぼす睡眠中のNG行動11個 【前編】

※ 実は超危険!体に悪影響を及ぼす睡眠中のNG行動11個 【後編】

 

【参考】

※ 第12回 睡眠難民、身体を温めて「深睡眠」を手に入れよう! – 血めぐり研究会公式サイト